6月21日に、お台場パレットタウンに新しい施設「森ビル デジタルアートミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス」がオープンしました。

「森ビル デジタル アートミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス」は、520台のコンピューターと470台のプロジェクターを駆使し、約1万平方メートルの敷地に約50作品が展示されている超巨大デジタルミュージアムです。「森ビル」とデジタルアート集団の「チームラボ」が共同で運営しています。

チームラボは、プログラマー、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など様々な分野のスペシャリストたちが集まり、国内外でプロジェクションマッピングやデジタルアート作品などの創作活動を行っている団体です。

ミュージアムの子供向けエリア「チームラボアスレチックス 運動の森」では、脳の海馬を刺激し空間認識能力が鍛えられるそうです。身体を動かしながら脳も鍛えるという、スペシャリスト達が作った空間なので子供達の反応が楽しみですね。

息子が幼稚園でチラシをもらってきたので調べてみました。

スポンサーリンク

森ビル デジタル アートミュージアムの基本情報

日程 6月21日(木)オープン
時間 月-木 11:00~19:00(21:00)
金・祝前日 11:00~21:00(22:00)
土 10:00~21:00(22:00)
日・祝 10:00~19:00(20:00)
料金 大人:3,200円
子供:1,000円
場所 お台場パレットタウン
URL 公式サイト
アクセス
お台場パレットタウン

※( )は6/21~8/31までの特別延長時間です。

7月31日(火)まで期間限定でオープン記念チケットが発売されています(大人料金が800円引き)。

スポンサーリンク

森ビル デジタル アートミュージアムの口コミ

まだ我が家は行っていないので、行った方のツイートを集めてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

森ビル デジタル アートミュージアムの作品

森ビル デジタル アートミュージアムは「ボーダレス」をコンセプトに掲げ、5つの空間で構成されています。

  • ボーダレスワールド
  • チームラボアスレチックス 運動の森
  • 学ぶ! 未来の遊園地
  • ランプの森
  • EN TEA HOUSE

ボーダレスワールド

デジタルアートに触れると動いて変化したり、人の動きに反応して動いたり、人と重なり合ったりします。デジタルアートと身体が混ざり合うような空間になっています。

チームラボアスレチックス 運動の森

「身体で世界をとらえ、世界を立体的に考える」をコンセプトにした創造的運動空間です。デジタルアートと融合したトランポリンやボルダリングなどを楽しみながら、脳の海馬を刺激し空間認識能力を鍛えるのを目的とした空間です。

  • 光の立体ボルダリング
  • ポヨンポヨン宇宙
  • 色取る鳥の群れの空中吊り棒渡り
  • グラフィティネイチャー 山山と深い谷
  • 裏返った世界の、つながる!巨大ブロックのまち

など、デジタルアートの中に身体ごと入っていくような立体的な空間で、子供たちが遊ぶことができます。

学ぶ! 未来の遊園地

来場者が書いたイラストが水槽の中を泳ぐ「お絵かき水族館」などがあります。

ランプの森

無数のランプがぶら下がっており、手をかざしたり近づいたりすると点灯します。

EN TEA HOUSE

喫茶スペースになっており、お茶の中にデジタルアートのお花が咲きます。

森ビル デジタル アートミュージアムのまとめ

大人も子供も楽しめるアート作品のような美術館のような施設のようです。遊びながら勉強にもなるし、デジタルを体感できるし、ぜひ子供に体験させてみたいですね。

オープン記念チケットは、6月21日(木)~7月31日(火)の期間限定で発売されています。

スポンサーリンク
おすすめの記事