スマイルダブレットとチャレンジパッドのタブレットの違いを比較!タッチペン・microSDカード

新一年生の息子に自宅で学習する習慣を身につけてもらうと思い、スマイルゼミの新1年生の4月号、進研ゼミのチャレンジタッチ新1年生の4月号に同時入会しました。

どちらの教材が息子に向いていて楽しく続けられるのか、学習しながら様子を見ています。

タブレットも2台になったので、スマイルゼミスマイルタブレット3チャレンジタッチチャレンジパッド3、この2つは何が違うのか気になったので比較してみました。

スポンサーリンク

「スマイルタブレット3」と「チャレンジパッド3」のスペック・仕様の違い

スマイルゼミのタブレット「スマイルタブレット3」は、ワープロソフトの「一太郎」や日本語入力ソフトの「ATOK」のジャストシステムが開発した、学習専用タブレットです。

進研ゼミのチャレンジタッチ専用タブレット「チャレンジパッド3」は、ベネッセが提供するコンテンツの学習専用タブレットです。

スペック・仕様の違いは以下のとおりです。

スマイルタブレット3チャレンジパッド3
OSAndroidAndroid
液晶サイズ10.1型TFT(1280x800)10.1型TFT(1280x800)
フラッシュメモリ16GB16GB
外形寸法幅270×高さ180×厚み10.2mm幅272×高さ192×厚み16mm
重量約560g約640g
カメラ前面200万画素
背面500万画素
前面500万画素
背面500万画素
メモリーカードmicroSDmicroSD/
microSDHC
インターフェースmicroUSB、ヘッドホン端子MiniUSB、ヘッドホン端子
付属品AC電源アダプター、タッチペンAC電源アダプター、タッチペン

スペックだけ見てもピンとこなかったので、自分でも確認しながらチェックしてみました。

>>スマイルゼミ(公式サイト・資料請求)

>>チャレンジタッチ(公式サイト・資料請求)

スポンサーリンク

「スマイルタブレット3」と「チャレンジパッド3」の大きさの違い

黒いタブレットがスマイルゼミスマイルタブレット、白いタブレットがチャレンジタッチチャレンジパッドです。

チャレンジパッドの方が厚みがあり幅もあるので、若干ですが大きいです。

 

スマイルタブレットチャレンジパッドも、カメラは前面と背面の両方についていて、背面カメラはスマイルタブレットは上部に、チャレンジパッドは中央少し横寄りに、カメラがついています。

スポンサーリンク

「スマイルタブレット3」と「チャレンジパッド3」の電源・接続端子

スマイルタブレットの音量ボタンです。

 

スマイルタブレットの電源ボタン、microUSB、ヘッドホン端子、ACアダプターの差込口です。

 

専用ACアダプターが付属されているので、コンセントから充電することができます。

 

チャレンジパッドの電源ボタン、音量ボタンです。

 

チャレンジパッドのMiniUSB、ヘッドホン端子、ACアダプターの差込口です。

 

チャレンジパッドも専用アダプターが付属されているのでコンセントから充電することができます。

「スマイルタブレット3」と「チャレンジパッド3」のmicroSDカード

スマイルタブレットのmicroSDカード差込口は、普段は蓋で保護されていますが、蓋を外すとSDカードを差し込めます。

 

チャレンジパッドのmicroSDカード差込口は、そのままmicoroSDカードを差し込めます。

>>スマイルゼミ(公式サイト・資料請求)

>>チャレンジタッチ(公式サイト・資料請求)

「スマイルタブレット3」と「チャレンジパッド3」のタッチペン

白いタッチペンがスマイルゼミ、青いタッチペンがチャレンジタッチです。

 

スマイルゼミのタッチペンは「デジタイザーペン」と呼ばれるもので、感度がとてもよく、鉛筆のようにスラスラと書くことができます。また、ペン先の逆側は消しゴムになっています。

チャレンジタッチのタッチペンはごく普通のタッチペンなので、ペンはスマイルゼミの方が個人的には書きやすいと感じました。

「スマイルタブレット3」と「チャレンジパッド3」のサポート

スマイルゼミチャレンジタッチも、万が一の場合に備えたタブレットのサポートサービスがあります。

スマイルゼミ

タブレットあんしんサポート

3,600円(ひと月あたり300円)

万が一、タブレットを壊してしまった場合、「タブレットあんしんサポート」に加入していると、保証期間中に落とした場合の破損や、保証期間が終了したあとの故障でも特別価格で修理、または交換用端末へ交換します。

修理交換費用6,000円
修理交換サポート期間中1回までタブレット修理交換(実質交換)が可能
サポート期間加入日から開始され、加入月の翌月から起算して1年後(12ヶ月目の月末)まで
保証対象範囲
  • 通常使用での自然故障および物損(破損、火災、落雷、水漏れなど)
  • 保証対象外となるもの:紛失、盗難、自然災害(地震など)、対象範囲以外の原因による破損、改造・加工、自然消耗・さび、二次災害、付属品類、バッテリー

チャレンジタッチ

チャレンジパッドサポートサービス

チャンレジパッドサポートサービス」とは、万が一、タブレットを踏んで壊してしまったなどの自己破損の場合でも、安価でタブレット交換ができるサービスです。タブレットの故障・破損などの場合、1回あたり3,300円で交換することができます。

チャレンジパッドサポートサービスは専用タブレットが到着する前までに申し込むことができます。

サポートサービスが未加入で、自己破損があった場合のタブレットの再購入は19,800円かかります。

1ヶ月190円(年2,280円)
6ヶ月1,050円(年2,100円)
12ヶ月1,860円

「スマイルタブレット3」と「チャレンジパッド3」のまとめ

スマイルタブレットもチャレンジパッドも細かいところで些細な違いはありますが、そんなに大きな違いはないなという印象です。

資料請求すると、タブレット学習の進め方のポイントがまとめられた冊子や、お試し教材がもらえたので、スマイルゼミチャレンジタッチで悩んでいる方は資料請求して確認してみてくださいね。

>>スマイルゼミ(公式サイト・資料請求)

>>チャレンジタッチ(公式サイト・資料請求)

スポンサーリンク