夫の消費者金融の借金が分かり、完済した前回のつづきです。

夫は土下座しながらこう言います。

他に借金はありません。本当です。

わたし
そんなの信用できない!怖い!

クレジットやローンなどの信用取引に関わる契約や支払い状況が分かる「信用情報」というのが個人でも入手できるというのを知り、夫に自分の信用情報を開示請求してもらうことにしました。

スポンサーリンク

信用情報とは

信用情報にはクレジットやキャッシング、ローンなどの契約内容や、借入金額、毎月の返済状況、遅延状況、残高などに関する情報が記録されています。新しくクレジットカードを作るときや住宅ローンを組むときなどは、この信用情報を見て審査を行い結果を出しています。

日本には3つの信用機関があります。

CIC クレジット会社、信販会社、消費者金融など
JICC(日本信用情報機構) クレジット会社、信販会社など
全国銀行個人信用センター 銀行系

わたし
CICとJICCで開示できる信用情報の違いがよく分からなかったので、夫に3つとも開示請求してもらいました
スポンサーリンク

CIC(シーアイシー)

CICの開示方法は3つあります。

パソコンやスマホから開示請求しダウンロードする方法、必要書類を送付し報告書を郵送してもらう方法、窓口に行き報告書を直接受け取る方法の3つです。

利用手数料はインターネット開示と郵送開示は1,000円、窓口開示は500円です。

CICの3つの開示方法

インターネット(スマホ)開示

特徴 パソコンやスマホからダウンロード
サービス日時 8:00~21:45
手数料 1,000円

 

郵送開示

特徴 申込書、本人確認書類、定額小為替証書を郵送
サービス日時 10日程度で報告書が到着
手数料 1,000円

 

窓口開示

特徴 窓口のタッチパネルで申し込み
サービス日時 平日
10:00~12:00
13:00~16:00
手数料 500円

<cicの窓口>

新宿、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、福岡

>>cicの窓口一覧

CICの開示内容

夫にはスマホで開示請求し、信用情報開示報告書をダウンロードしてもらいました。報告書はPDFファイル形式でダウンロードします。

夫の信用情報開示報告書には次の情報が載っていました。

  • クレジット情報
  • 携帯電話の割賦残高
  • 消費者金融

クレジットカードの契約情報や支払い状況、携帯電話の本体を割賦払いにしているのでその情報、そして消費者金融の契約情報や支払い状況などが載っていました。

 

消費者金融の情報は下記のように記載されていました。

貸金業法の登録内容」が消費者金融の情報のようです。「終了状況:完了」となっています。

「終了状況:完了」の定義
  • 支払うべき金額が全額支払われ、契約が終了したもの
  • カードの場合、残高がなく解約したもの

     

    信用情報のデータは、信用機関で5年間保有されます。

    夫が消費者金融に借金をしていたという履歴は、信用機関に5年間残ることになります。

     

    「保有期限」の定義

    契約が終了している場合に表示

    • 保有期限:残債額が「0円」であり、終了状況にコメントが登録されている場合、報告日から5年間
    • 保有期限に表示された年月の月末に情報が削除
    スポンサーリンク

    JICC(日本信用情報機関)

    JICCの開示方法は3つあります。

    スマホのアプリから開示請求する方法、必要書類を送付して開示請求する方法、窓口に行き報告書を直接受け取る方法の3つです。

    利用手数料はアプリ開示と郵送開示は1,000円、窓口開示は500円です。

    CICはインターネットやスマホで開示請求した場合は報告書をダウンロードできましたが、JICCはスマホで開示請求した場合でも報告書は郵送で届きます。

    JICCの3つの開示方法

    スマホのアプリより開示

    特徴 スマホのアプリから開示請求
    サービス日時 24時間365日
    手数料 1,000円

     

    郵送開示

    特徴 申込書、本人確認書類、定額小為替証書(もしくはクレジットカード)
    サービス日時 10日程度で報告書が到着
    手数料 1,000円

     

    窓口開示

    特徴 窓口
    サービス日時 平日
    10:00~16:00
    手数料 500円

    <窓口一覧>

    東京開示センター 東京都千代田区神田東松下町14 東信神田ビル2階
    大阪開示センター 大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル6階

     

    JICCの開示内容

    夫の信用情報開示報告書には以下の情報が載っていました。

    • クレジット情報
    • 消費者金融
    • 携帯電話の割賦残高

    クレジットカードの契約情報や支払い状況、携帯電話の本体を割賦払いにしているのでその情報、そして消費者金融の契約情報や支払い状況などが載っていました。CICの情報と同じでした。

     

     

    債権情報」の一覧に消費者金融の情報が載っており、「完済債権:1件」となっています。

    「完済債権」の定義
    残高をすべて返済し、ご契約を解約(終了)した情報

    CICと同様、JICCの信用情報も5年間保有されます。

    夫が消費者金融に借金をしていたという履歴は、信用機関に5年間残ることになります。

    全国銀行個人信用センター

    現在、住宅ローンを組んでいるのですが、その情報だけが載っていました。

    クレジットカードや消費者金融の情報などは載っていませんでした。

    夫の信用情報の開示結果

    日本の信用機関であるCIC、JICC、全国銀行個人信用センターの3カ所の開示請求をしましたが、夫の言うとおり、今回の消費者金融以外からの借金はありませんでした。

    今の私には夫の言葉がすべて嘘に聞こえるので、全部で3,000円の費用がかかりましたが、開示請求し「他の借金はない」という情報を目で見て確認できてよかったです。安心しました。

    わたし
    こんなことをしないといけないのも情けないけど・・・

    住宅ローンが組めた

    現在、住宅ローンを組んでいるのですが、諸事情で新たな住宅ローンを組み自宅を買い換えることになりました。

    消費者金融の完済の日から1年経過していなかったので、新しい住宅ローンを組めるのかどうか不安でしたが、無事に契約することができました。

    我が家の状況はこのような感じです。

    • 現在、住宅ローンを組んでいる
    • 住宅ローンの遅延なし
    • 住宅ローン以外のローンなし
    • クレジットカードの遅延なし
    • 消費者金融の完済から1年以内

    信用情報のまとめ

    もし住宅ローンを組む対象者の方で、自分の過去に不安がある方は、一度、信用情報を開示してみることをおすすめします。自分の信用情報が分かって安心したり、次のステップへ進むきっかけになると思います。

    夫は初めて開示請求しましたが、自宅でパソコンやスマホから開示請求できるのでとても簡単でした。費用も1,000円なので大きな費用的負担もありません。

    もう住みたい家が見つかっている場合は、住宅ローンの仮審査を一括で行ってくれるサイトもおすすめです。住宅本舗のイッカツは、一度に最大6つの銀行に同時に住宅ローン一括審査申込をすることができるので、各銀行に出向く手間がありません。

    仮審査が通った銀行の中から、いちばん条件のいい銀行に本審査を申し込むことができます。

     

    また、今後のことで不安がある場合は、ファイナンシャルプランナーに家計診断をしてもらうもひとつの方法です。保険を含めた家計の見直しを行い、住宅資金や教育費、老後の資金計画などをお金のプロであるファイナンシャルプランナーが提案してくれます。

    保険マンモス日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で主要3部門を含め、11項目で1位を獲得するなど、ファイナンシャルプランナーの質が高いと評価されています。無料で何度でも相談できるので気軽に相談してみてくださいね。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事