夏休みの宿題で、どうしても後回しになってしまう宿題が読書感想文ですよね。「本を読んだ感想を書く」というのは、大人になっても難しいものです。

早めに宿題を終わらせて夏休みを思いっきり楽しめるように、早めに本を準備しておくのもいいと思います。何度も読み返していたら、いざ夏休みに入ったときにすぐに書き出せるかもしれません。

また、親が先に読んでおくのもいいと思います。子供が感想を書きやすそうな本・難しそうな本を判断したり、面白かったことを子供に伝えれば本に興味を持ってくれるかもしれません。

2021年の読書感想文の課題図書とあらすじをまとめました。

スポンサーリンク

【2021】読書感想文の課題図書 小学校低学年の部

あなふさぎのジグモンタ

ジグモのジグモンタは、洋服に空いた穴をふさぐ「あなふさぎや」さんです。洋服と同じ色に染めた糸を使って、8本の足で器用に穴をふさいでいきます。

でも、この頃はみんな「直したものより新しいものがいい」と新しいものを欲しがります。「穴ふさぎなんて、もう役に立たないんだ」と自分はもう必要ないんだと落ち込み、店を休業して旅に出ます。

ふくろうの親子と出会い、古いもののいいところを残しながら、新たなものを作り上げていくことの大切さを知ります。

修理という作業を通じて、ものを修理して大事に使う精神や、新しいことに挑戦するすばらしさ、誰かに感謝される喜びが描かれています。

作品名あなふさぎのジグモンタ
著者とみながまい 作
たかおゆうこ 絵
出版社ひさかたチャイルド
価格1,430円

そのときがくるくる

ナスが嫌いな小学一年生の「たくま」が、夏休みに1週間おじいちゃんの家で過ごします。

畑でとれた野菜を使った料理が並ぶおじいちゃんちのご飯ですが、なすが食べられないたくまは食べられないことを気にします。

いまは嫌いでも苦手でも、いつかきっとおいしく食べられる「そのとき」まで、無理をしないで気楽におおらかに待とうという本です。

作品名そのときがくるくる
著者すずきみえ 作
くすはら順子 絵
出版社文研出版
価格1,320円

みずをくむプリンセス

アフリカ出身のスーパーモデル、ジョージ・バディエルさんの幼少の頃の体験をもとに作られたお話です。ジョージーさんはファッションショーや雑誌のモデルとして、世界中で活躍しています。

アフリカに住む少女プリンセス・ジージーは、毎朝、暗いうちに支度をして、頭につぼをのせて遠くまでお母さんと一緒に歩きます。

水をくみにいくためです。でも、それは濁った汚い水です。

水道の蛇口をひねれば、きれいな水が出てくる日本で生まれ育った子供たちが、今でもこのような生活をしている人がいるということを知るきっけになる本です。

作品名みずをくむプリンセス
著者スーザン・ヴァーデ 文
ピーター・H・レイノルズ 絵
さくまゆみこ 訳
出版社さ・え・ら書房
価格1,650円

どこからきたの?おべんとう

お弁当の中身は、どこからどのようにしてやってくるのでしょうか。

卵焼きのタマゴ、アジフライのアジ、ポテトサラダのじゃがいも、おにぎりの米と海苔。

お弁当の中身ひとつひとつに、たくさんの人が関わっていて、たくさんの命に支えてもらって人間が生かされているのかを感じることができる本です。

作品名どこからきたの?おべんとう
著者鈴木まもる
出版社金の星社
価格1,430円

スポンサーリンク

【2021】読書感想文の課題図書 小学校中学年の部

わたしたちのカメムシずかん:やっかいものが宝ものになった話

岩手県の葛巻町にある小学校で実際にあった話です。

毎年大量に発生するカメムシに困っていましたが、いろんな形や色をしていることに気付いた校長先生が「カメムシ博士になろう」と呼びかけます。

町中大発生で困り者で嫌われ者だったカメムシですが、カメムシのことを調べていくうちにみんなの宝物になっていきます。子どもたちも家の人も一緒になってカメムシを集めて、最後にはみんなで図鑑をつくります。

身近なものに興味を持ち、調べる楽しさを知る本です。

作品名わたしたちのカメムシずかん:やっかいものが宝ものになった話
著者鈴木海花 文
はたこうしろう 絵
出版社福音館書店
価格1,430円

ゆりの木荘の子どもたち

ゆりの木荘は、100年以上も前に立てられた立派な洋館です。いまは有料老人ホームになり、サクラさんやモリノさんたち、6人のお年寄りが住んでいます。

ある春風が吹く日、サクラさんが懐かしい手まり歌を歌いはじめると、ふたりは突然、10歳の女の子にもどってしまいました。それは、77年前の約束のため「あの子」がサクラさんたちを呼び寄せたからでした。

タイムスリップして謎を解きながら、戦争で果たされなかった約束を取り戻す温かくて優しいファンタジーです。

作品名ゆりの木荘の子どもたち
著者富安陽子 作
佐竹美保 絵
出版社講談社
価格1,430円

ぼくのあいぼうはカモノハシ

ドイツに住む男の子ルフスは、お姉ちゃん、お母さんと一緒に暮らしています。エンジニアのお父さんは、オーストラリアに単身赴任中です。

ある日、人間の言葉を話す「シドニー」という名前のカモノハシに出会います。シドニーは、動物園から抜け出してきていて、故郷のオーストラリアに帰るのを手伝ってほしいといいます。

お父さんに会いたかったルフスは、シドニーをがオーストラリアに帰るのを手伝うことになりました。

優しい男の子と、ちょっとすましたカモノハシのとぼけたやりとりが楽しい、ほのぼのとした冒険物語です。

作品名ぼくのあいぼうはカモノハシ
著者ミヒャエル・エングラー 作
はたさわゆうこ 訳
杉原知子 絵
出版社徳間書店
価格1,540円

カラスのいいぶん:人と生きることをえらんだ鳥

カラスについての児童向けのノン・フィクションです。著者の嶋田泰子さんが、家の庭にくるカラスたちに興味を持ち、カラスの生態や特徴をわかりやすく描いています。

著者は、家の近くにやってくる「じょうれんさん」のカラスに名前をつけて、日々の行動を観察するようになりました。彼らには、時間割があることや、縄張り争いのこと、上手に子育てするの様子が紹介されています

ゴミを荒らしたり、黒くて大きかったり、人間を中心に考えるとあまりいいイメージのないカラスですが、「カラスのいいぶん」を聞いてみるとカラスなりの理由があり、違った景色が見えてきます。

作品名カラスのいいぶん:人と生きることをえらんだ鳥
著者嶋田泰子 著
岡本順 絵
出版社童心社
価格1,320円

スポンサーリンク

【2021】読書感想文の課題図書 小学校高学年の部

エカシの森と子馬のポンコ

子馬のポンコは生まれた牧場から逃げて、森で気ままに暮らしています。そこで樹齢約400年のハルニレの長老エカシやカメムシと出会い、成長していきます。

アイヌの歴史と思想、第二次成長期の心と体の成長、自分がやりたいことを見つけて努力することの大切さなど、様々な要素が盛り込まれています。

のびのびと日々を過ごし、少女から大人になる子馬のポンコをやさしいまなざしで描く物語です。

作品名エカシの森と子馬のポンコ
著者加藤多一 作
大野八生 絵
出版社ポプラ社
価格1,760円

サンドイッチクラブ

なりたい自分が見えず、何のために受験するかもわからぬまま、中学受験に向けて塾をかけもちしている6年生の桃沢珠子。

夏期講習で別の学校に通う優等生、羽村ヒカルと出会い、砂像づくり(サンドアート)に誘われます。砂像アーティストのシラベさんの黄金のシャベルの奪還をかけ、羽村(ハム)と珠子(タマゴ)で砂像を作るサンドイッチクラブを結成します。

砂像アートにのめり込みながら、友情、中学受験、将来など等身大の悩みや、取り巻く社会的な問題が描かれており、家庭環境も性格も異なるふたりの少女が、協力し合い互いぶつかりながら、新しい自分・なりたい自分をさがしていく成長物語です。

作品名サンドイッチクラブ
著者長江優子 作
出版社岩波書店
価格1,650円

おいで、アラスカ!

13歳の少年「スフェン」は、1年前から急にてんかんの発作におそわれるようになりました。いつ倒れるかわからない、倒れている間のことは全く覚えておらず、自分自身に不安を感じています。

12歳の少女「パーケルは」、5ヶ月前に両親が働く写真店が強盗に遭い、その場に居合わせたため心の傷を抱えています。

ある日、スフェンを迎えに来た彼の母親が連れていた介助犬を見て、パーケルは衝撃を受けます。それは、彼女が事情のため、4ヶ月前に泣く泣く手放した愛犬アラスカでした。

介助犬のアラスカを通して、2人がそれぞれ持つ不安や弱さを見せ合い、困難を乗り越えて成長していく話です。

作品名おいで、アラスカ!
著者アンナ・ウォルツ 作
野坂悦子 訳
出版社フレーベル
価格1,540円

オランウータンに会いたい

オランウータンを研究する著者が、研究の動機、オランウータンや熱帯雨林についての基礎知識、日々の活動方法、フィールドワークで気をつけることなどを分かりやすく紹介しています。

群れではなくほぼ単独で行動し、母親が何年もかけて丁寧に子育てします。野生のオラウータンの社会には「いじめ」はほとんどなく、嫌いな相手には「近寄らない」のが基本です。

自然保護や環境問題にも触れ、自分たちにできることはなんだろうと考えさせられる本です。

作品名オラウータンに会いたい
著者久世濃子 著
出版社あかね書房
価格1,430円

【2021】読書感想文の課題図書まとめ

夏休みの読書感想文は、本を読むいいきっかけにもなります。課題図書、課題図書以外問わず、子供と一緒に大人もたくさん本を読みたいですね。

絵本ナビは、アプリで試し読みができるので気になる本があったら、ぜひ試し読みしてみてくださいね。

>>絵本ナビで無料ためしよみしてみる

スポンサーリンク