住宅ローンが残っている家を売却して買い替えました①「机上査定」

結婚と同時に購入した新築一戸建てを築6年で売却し、また戸建てへ住み替えることになりました。

今の状況としては、家を買ってくれた人と売却の契約書を取り交わし、新しい家が完成するのを待っている状況です。

まだ完了していませんが、「自宅の売却」「住み替え」という大きな出来事を経験したので、どのように進めたのか、どのぐらいの費用がかかったのかまとめていきたいと思います。まだ住み替えていないので、随時、更新していく予定です。

自宅の売却を考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

自宅を売却した理由

お互いに実家暮らしでしたが、結婚と同時に、夫が通勤しやすいエリアに新築一戸建てを購入しました。

同じ分譲地に同じような外観で建てられた25棟ほどの建売住宅です。いわゆる新興住宅地です。

駅からは徒歩30分程度はなれていましたが、バス停が近く、スーパーやホームセンター、ドラッグストアが徒歩圏内にあり、車がなくても生活には困らない地域です。

結婚当初は車を持っておらず、また私自身がペーパードライバーだったこともあり、とても便利な立地だと思っていました。

しかしながら、日々生活していくうちに不満を感じることが多くなってきました。

不満①「日当たり」

朝、一階のリビングに降りてきて、すぐにすることは電気をつけることです。

我が家と南側に建つ家の間があまりあいていないので、一階の部屋が薄暗いのです。朝日が差し込むのは9時ぐらいまで。10時を過ぎると本当に薄暗くなります。子供が産まれてから視力のことを考え、昼間も電気をつけるようにしました。

一年中、一階のリビングと台所の電気は朝から寝るまでずっとつけっぱなしです。冬は寒いので早い時期からエアコンを入れ始めます。

だんだんと、この電気生活が一生続くのかと思うと気が滅入ってしまっていました。

不満②「交通量」

我が家の目の前に交通量の多い国道があり、一日中、車やトラックが行き来します。トラックが通るとテレビの音がかき消されるのがずっとストレスでした。テレビは字幕入り設定にしていないと、出演者が何を話しているのか聞こえないほどです。雨の日は、水を跳ね上げるタイヤの音でさらにテレビの音が聞こえません。

また、トラックやバスが通る度に家に振動を感じます。特に就寝時は振動が気になっていました。

そんなことは国道がある時点で予想できたはずなのに、なぜそんな家を買ったのかと言えば、この国道の混雑緩和のため近隣に大きな道路を平行して作っている最中だったからです。この新しい道路が開通すれば、国道の交通量が減ると考えたからでした。しかしながら計画道路の買収が進んでいないようで、新しい道路の工事はストップしていました。

不満③「道路遊び」

近くに公園がないので、子供達は家の前の道路が遊び場です。キックボード、ホッピング、バトミントン、サッカー、バスケット。

ボールの音が響き奇声をあげて大騒ぎしています。子供達が学校から帰ってきて、道路で遊び始める夕方は車を出すのがとても怖いです。

また、道路には自転車やホッピング、キックボードなど遊び道具が散乱しているので、車で通行するときは車を停止しそれらを横に寄せないと走行できません。

サッカーボールが家に飛んできたり、バスケットボールが車にあたったり、フリスビーが飛んできたり。家の周りにはガーデンライトや鉢植えのような割れるようなものが置けなくなりました。

週末はこれに親が加わるのでボールの勢いも増します。

近所は、乳幼児、小学校低学年の子供が多いので、この状況はしばらく続くものだと予想されます。

我が家は道路遊びをさせたことはありませんが、自宅の中だけで遊ばせるのも限界を感じていました。3人連れて遠くの公園まで行くのも大変です。

不満④「ご近所トラブル」

心が苦しくなってしまうような、とてもつらい出来事がありました。

 

もはや

「一生、この家に住む」

という選択肢は自分の中にありませんでした。

スポンサーリンク

不動産一括査定サイトより机上査定を依頼

まだ住宅ローンが残っているのに、売却して新しい家なんて買えるのだろうか。

売却と購入を同時進行で進めることはできるのだろうか。

売れるまでどこかに仮住まいした方がいいのだろうか。

この家は一体いくらで売れるのだろうか。次の家にどのぐらいの頭金を回せるのだろうか。

そもそもこの家は売れるの?

でも住み替えたい!引っ越したい!環境を変えたい!

 

ひとりで考えてもどうしようもなかったので、勇気を出してインターネットの不動産一括査定サイトを利用し、机上査定を依頼しました。

わたし
とりあえず査定金額を知りたい

査定は無料なので、気軽な気持ちで利用しました。私はイエウールを利用しました。

 

数社からメールで不動産の査定書が届き、おおよその査定額が分かりました。

机上査定でチェックするところ
  • 基本的なデータ
  • 近隣の成約事例
  • 不動産市場の動向 など

机上査定は、基本的なデータや周辺の相場から算出されているのであくまでデータ上です。実際の売却価格は違ってきます。

営業マン
実際の間取りや程度使用も見てきちんとした提案をさせてください

というメールが届いたので、もうここまできたら実際に家を見てもらった上で正しい金額を知りたいと思い、2社に「訪問査定」に来てもらうことにしました。

しつこい電話などは一切かかってきませんでした。メールだけです。やっぱり机上査定以上はやめておこうと思っても、メールでお断りすれば大丈夫です。

スポンサーリンク

机上査定のまとめ

ずっと引っ越したくて悩んでいましたが、勇気を出してインターネットの不動産一括査定サイトを利用したことから始まり、売却、新しい家への住み替えと進むことができました。

住宅ローンが残っている家を売却するにはどうしたらいいのか、不動産に詳しくない一般人では分からないですよね。

転勤に伴う引っ越しで家をどうするのか、私のように環境を変えるために住み替えをしたいけどどうしたらいいのかなど、頭の中で考え込んで悩むより、不動産会社に相談した方が具体的なイメージが沸きやすく今後の資金計画を立てることができます。

私が利用した不動産一括査定サイトは不動産会社を呼ばなくても、おおよそですが査定額を知ることができました。その中から2社選び、訪問査定へと話を進めていきました。

「家の査定」と思うと重く考えがちですが、「本やCDの査定」とやっていることは同じです。いくらで売れるのか査定してもらうのは無料です。

不動産一括査定サイトのイエウールは完全無料で査定してくれるのでぜひ利用してみてください。

活動:机上査定

費用:0円

スポンサーリンク