【実録】チャレンジタッチ1年生の教材 英語スタートウォッチ、音読英語マイクが届いた

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生の4月号から入会した我が家ですが、第一弾の教材ボックス「1年生準備スタートボックス」に続き、第二弾の教材として、英語スタートウォッチ音読英語 完璧マイクが届いたので、使い方などレビューしたいと思います。

※新型コロナウイルスの影響で、一部、教材が遅延しているようです。詳しくは公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生の教材 第二弾

第二弾の教材として送られてきたのはこちらです。

  • 赤ペン先生の問題
  • テスト100点問題集(4月~7月)
  • おうちのかた向け 使い方ガイド
  • きらきらカバーシール
  • じゅうでんコードバッジ
  • おんどく・えいご かんぺきマイク
  • えいごスタートウオッチ
  • コラショのおまもり防犯ブザー
スポンサーリンク

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 赤ペン先生

2020年 第1回の赤ペン先生の問題です。この冊子に問題用紙がついていました。

チャレンジタッチの赤ペン先生は年に3回国語のみです。

  • チャレンジ1ねんせい(紙のテキスト):月に1回
  • チャレンジタッチ1ねんせい(タブレット教材):年に3回

チャンレンジタッチの赤ペン先生が年に3回しかないのは、月末にタブレット教材内で「まとめの回」がありすぐに正誤判定ができるためです。また、チャレンジタッチの赤ペン先生が「国語のみ」なのは、算数は毎月の学習で理解状況をすぐに判定できるので、文字の書き方を添削してもらうことが大事な国語だけになっています。

<赤ペン先生の問題 お届け月>

第1回 4月号 国語
第2回 8月号 国語(作文)
第3回 12月号 国語

赤ペン先生の問題の提出方法は、①郵送提出、②カメラ提出選ぶことができます。

郵送提出は用意されている封筒に答案用紙を入れて、84円の切手を貼って提出します。カメラ提出はスマホやiPadから「赤ペン提出カメラ」というアプリを使って提出します。

切手代がおしかったので、答案用紙をカメラで撮影して提出しました。

赤ペン先生 カメラ提出方法

1.赤ペン先生 提出カメラのアプリをダウンロードしてインストールし、会員番号とパスワードを入力します。

>>Google Play(Android)

>>App Store(iPhone、iPad)

 

答案用紙に会員番号シールを貼ったことを確認します(会員番号シールは赤ペン先生の問題用紙と一緒に送られてきました)。

 

答案用紙の角にある3つのマークをアプリのガイドに収まるように調整すると、自動で撮影してくれます。

 

提出後、約3日でチャレンジパッドに返却されます。届いたらまた追記したいと思います。

スポンサーリンク

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 テスト100点問題集

テスト100点問題集は国語算数の問題集です。紙テキストの問題集なので、書いて問題を解くことができます。

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 きらきらカバーシール

タブレットに貼るキラキラシール充電コード用バッジです。タブレットがベタベタしそうなのでシールはノートに貼らせることにしました。また、充電コード用バッジも邪魔かなと思いつけませんでした。でも子供にとっては、装飾することで自分用のタブレットと認識し、楽しく学習してくれるのかもしれません。

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 音読英語 完璧マイク

音読英語 かんぺきマイクは、「国語の音読」や「英語のスピーキング」を学習するマイクです。

 

タブレットとマイクを接続し、国語の音読アプリで文章を読んだり、英語学習アプリで挨拶などのフレーズを声に出して学習します。

特に英語学習アプリは、はじめに少しストーリーがありその話に沿ったフレーズが出てくるので状況を理解しやすいのと、最初にお手本を聞いてから発声するので、英語の発音や英単語が読めなくても大丈夫でした。

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 英語スタートウォッチ

英語スタートウォッチです。英語スタートウォッチは、時間帯に応じた挨拶や英会話表現を話したり、英語で時刻を教えてくれます。

また、「日本語↔英語」の切り換えスイッチがあるので、英語を話しあとに和訳も話してくる多機能ウォッチです。

 

例えば「午前5:00~午前7:59」の場合は以下のことを話します。

  • Good morning.(おはよう)
  • I'm fine.(元気だよ)
  • I'm hungry.(お腹がすいた)
  • Breakfaet time.(朝ご飯の時間だ)
  • Let's eat.(食べよう)
  • I brush my teeth.(歯を磨く)
  • I wash my face.(顔を洗う)
  • Let's do "Challenge Touch."’(「チャレンジタッチ」をやろう)

「日本語↔英語」の切り換えスイッチを設定しておけば、「I brush my teeth。歯を磨く。」と、英語のあとに日本を話してくれます。

10回ボタンを押すと英語クイズも出題されるので、こちらも楽しいです。

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 おまもりブザー

コラショのお守り防犯ブザーです。星の部分は反射シールになっているので、車のヘッドライトなどに反射して光ります。

進研ゼミ チャレンジタッチ1年生の教材 第二弾のまとめ

息子は赤ペン先生の提出課題を取り組むにあたり、「きれいな字で書かないとなー」といつもより丁寧な字で書いたり、赤ペン先生へのメッセージを書く蘭にも上手にお手紙を書いていたので、親以外の人に見てもらうという行為は大事だなと思いました。

また、「音読英語マイク」は映像を見ながら学習できるタブレットのメリットが生かされ、「英語スタートウォッチ」はその時間帯に関係するフレーズが流れるのですぐに実践しやすく、またしてもよく出来てるなと思わされた教材でした。

使い方や学習方法など、詳しくは公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク