【5cm以下の排水問題】インテックスフレームプールの水の入れ替えは洗濯ポンプで簡単にできた

家庭用プールのインテックス(INTEX)フレームプールは、空気を入れて膨らますビニールプールではなく、支柱や部品を組み立ててシートをプールのかたちにするプールです。

コストコなどでよく見かけるプールです。

最近では、競泳選手の瀬戸大地さんや、歌舞伎役者の市川海老蔵さんが自宅に設置し話題になりました。

 

ビニールプールのように空気で膨らます手間がなく、壁がビニールシートなのでプール内を広く使えることが大きな特徴です。

2年前にこのインテックスフレームプールを購入し、夏休みの間、庭に設置し子供たちに遊ばせています。

 

このプールには問題点がひとつあります。プール内の水を出すための排水口が地上から5cmぐらい上にあるため、それより下にある水は排水されないことです。

この問題を解決するために循環ポンプを購入しましたが、掃除のときなど水をすべて入れ替えたいときもあるので、どうしたらいいのか悩んでいました。

 

いろいろ試行錯誤してみた結果、洗濯用ポンプですべて排水することができました。

インテックスフレームプールの5cm以下の排水で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

インテックスフレームプールの排水方法①「解体」

最初に思いついたのは、いっそのこと排水の穴がある部分の支柱を外し、一部分だけ解体してはどうかと考えました。

解体して排水の穴をより地面に近づけることで、すべての水が抜けるのではと考えました。

 

排水口付近の支柱だけ外し、排水口を地面まで近づけました。

 

また、排水口がある側の支柱をすべて外し、排水の穴をもっと地面に近づけてみました。

 

これらの方法を試したところ、確かに水はほとんど排出されました。

しかしながら、設置し直し水を入れ替えたところ、すぐに支柱が抜けてしまいました。

支柱が一度抜けてしまうと、水が入った状態では重たくて直せないので、プールのシートを少し動かせるまで水を抜く必要があります。

水を抜いて支柱を直し、再び水を入れ替えましたが、やはり、また支柱が抜けてしまいました。何度、支柱を直しても使っているうちに支柱が抜けてしまうのは、プールを片付ける日までずっと続きました。

また、プール本体から支柱を抜くときに、支柱でプール本体のビニールを少しこすってしまい、プールを傷つけてしまいそうになりました。

プール使用途中の一部解体はおすすめできません!

支柱を抜いたりするのは、プールを片付けるときまでやらない方がいいと思います。

【私が感じた一部解体をやめておいた方がいい理由】

  • 水を入れ替えるたびに支柱が外れてしまう(何度も繰り返しました)
  • プール本体から支柱を抜くときに、支柱でプール本体を傷つける危険性がある

上記の結果から、一部解体による排水は諦めることにしました。

スポンサーリンク

インテックスフレームプールの排水方法②「洗濯ポンプ」

洗濯用ポンプで水を抜いてみようと思い、試しに洗濯用ポンプを買ってみました。

 

ホースも付属されていたので、本体にホースをつなげるだけで準備完了です。

 

ホースをプールの中に沈めます。

 

排水口5cm以下に残った水がほとんど排水されました。

「ほとんど」というのは、庭の芝生の上に設置しているため地面がボコボコしているので、地面がくぼんだ部分は水溜まりのように少し残りましたが、その部分に洗濯用ポンプを移動させ、可能な限り吸い上げました。

我が家は、【300cm×200cm×75cm】の大きさのインテックスフレームプールなのですが、5cm以下の水の排水にかかった時間は約20分でした。

バケツで水をかき出す労力や、解体するリスクもなく、とても簡単に水を抜くことができました。

スポンサーリンク

インテックスフレームプールの5cm以下の排水方法まとめ

5cm以下の排水をどうしたらいいのかずっと悩んでいましたが、簡単に、短時間で、安いアイテムで解決できてよかったです。

来年は、日々の水質維持は循環ポンプ、掃除をしたいときは洗濯用ポンプを活用していきたいと思います。

スポンサーリンク