【工場見学レポ】中華まんミュージアム(入間市)でアツアツの中華まんを試食!予約方法やお土産

埼玉県入間市にある新宿中村屋 中華まんの工場見学施設、「中華まんミュージアム」に行ってきました。

中華まんミュージアムは、新宿中村屋 武蔵工場内に設けられた中華まん工場の常設見学施設として、2019年1月25日にオープンしました。見学は、無料完全予約制です。

館内は、中華まんや中村屋について映像で学ぶ「シアター」、ガラス越しに製造工程が見学できる「工場見学」、展示やゲームで遊ぶことができる「おいしさゾーン」など、中華まんのおいしさの秘密を楽しみながら学ぶことができる施設になっています。

そして見学ツアーの最後には、蒸したての中華まんの試食がありとても美味しかったです!

中華まんミュージアムは「じゃらん 行ってみたい工場見学ランキング 2019」の第1位にも選ばれています。

>>じゃらん 行ってみたい工場見学ランキング 2019

予約方法やアクセス、お土産やグッズなど感想をレポしたいと思います。

スポンサーリンク

中華まんミュージアム(埼玉県入間市) 基本情報

施設名 中華まんミュージアム
案内時間 10:30、14:30(1日2回)
入館料 無料
所要時間 約90分
休館日 水、木、年末年始、工場休業期間
最寄り駅 入間市駅よりタクシー(約20分)
箱根ケ崎駅よりタクシー(約15分)
駐車場 あり
URL 公式サイト
住所 埼玉県入間市狭山台234
MAP
中華まんミュージアム
スポンサーリンク

中華まんミュージアム(埼玉県入間市)は予約がとれない

中華まんミュージアムの予約は公式サイトの「予約状況」から行います。予約は先着順で、見学実施60日前の0:00から受付を開始します。各回の定員は20名で、1日2回の見学ツアーです。

各回の定員:20名×2回/1日

>>予約サイト

一度に見学できる人数が少ないので、土日はおろか平日すら予約がいっぱいで、なかなか予約がとれないのが現状のようです。

我が家もずっと予約が取れず、ごくまれにあるキャンセルを見つけても、入力フォームに入力しているタイミングで他の人に予約されてしまったなど何度か悔しい思いをしました。予約サイトをまめにチェックしていたところキャンセル枠を見つけ、予約することができました。

見学希望日の60日前0:00に確実に予約するか、予約サイトをよく見てキャンセルが出ていないかチェックすることをおすすめします。

予約したあとは、登録したメールアドレス宛に確認のメールが届きます。

なお、このメールに予約取消フォームのURLも記載されているので、見学の5日前までならWebからキャンセルできます。キャンセル可能期間を過ぎてからのキャンセルについては、電話連絡が必要になります。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

>>予約サイト

スポンサーリンク

中華まんミュージアム(埼玉県入間市)のアクセス・駐車場

工場関係者入口とは別に、中華まんミュージアム来場者用の駐車場があります。

 

車を停めたら、看板の指し示す方へ歩いて行きます。

 

足元の中華まんマークに沿って歩いて行くと・・・

 

中華まんミュージアムに到着です。

 

ミュージアムの前には、「けんけんぱ」ができる中華まんマークもあります。

中華まんミュージアム(埼玉県入間市)のレポ

入館したら受付を済ませてストラップを受け取ります。受付が済んだら、写真を撮ったりして見学時間を待ちます。

 

入館してすぐにある大きなタマネギのようなオブジェは、くるりと回ってみると中華まんでした。中華まんの中に入って写真を撮ることができるフォトスポットになっています。

 

イスも中華まんの形になっていたり、他にもフォトスポットがあります。

 

壁や天井には中華まんミュージアムのキャラクター、「ニック」と「アン」が隠れているので探してみてください。

 

シアター」で中村屋や中華まんについて学んだら、いよいよ工場見学へ進みます。

ここから先は撮影禁止エリアになります。

中華まんミュージアム(埼玉県入間市)の工場見学の見どころ・見学

エレベーターに乗って見学通路がある階へ移動し、ガラス越しに中華まんの製造工程を見学します。

見学通路を歩きながら、服や髪についた細かいゴミを取り除く「エアーシャワー」を体験したり、発酵前と発酵後の生地の模型に触れたり、クイズに挑戦したりと、ガイドによる説明を受けながら様々な体験をすることができます。

工場見学が終わったあとは1階に戻り、「おいしさゾーン」へ移動します。「おいしさゾーン」では、展示を見たりゲームで遊びながら美味しさやこだわりを再確認します。

  • 中華まんを時間内に完成するパズル
  • 落ちてくる中華まんの具を皮でキャッチするゲーム
  • オリジナルの中華まんを描いてスキャンすると大きなモニターに映し出されるメディアアート

など、子供たちが楽しめるアトラクションがたくさんあります。

メディアアートは、描いた中華まんがふわふわと浮かんだり、ヘリコプターで運ばれたり、人に食べられたりと、ゲームのように映像が変化するのでずっと見ていたくなるほど面白かったです。子供たちも自分が描いた中華まんがヘリコプターで運ばれたり、風船で飛んでいったりするのでとても喜んでいました。

中華まんミュージアム(埼玉県入間市)の中華まんの試食

見学ツアーの最後にはキッチンでの中華まんの試食があります。

 

蒸したてアツアツの中華まんはすごく美味しかったです。もっちりとした生地にジューシーな味わいの具で、中村屋の肉まんの美味しさを再認識しました。

お水やお茶のドリンクサーバーもあるので、飲み物をいただきながら中華まんを食べることができます。

 

キッチンの出口では、ガイドの方がひとりひとりにご挨拶をしながらお土産を渡してくれます。

中華まんミュージアム(埼玉県入間市)のお土産

お土産の中身は、大人は中華まん・あんまんセット認定証マグネット、子供は肉まんのスクイーズ(やわらかいおもちゃ)と認定証マグネットでした。

 

肉まん・あんまんセットは、レンジでチンして食べるスーパーなどに売っているものと同じなので、次の日の一食分が浮いて嬉しかったです。

中華まんミュージアム(埼玉県入間市)のグッズ

グッズは、食品や文房具などがありました。

 

クリアファイル、ハンドタオル、シールをお土産に買って帰りました。

中華まんミュージアム(埼玉県入間市)まとめ

アツアツの中華まんがとにかく美味しかったです。中華まんを試食できて、お土産で中華まん・あんまんをいただけて、大満足の工場見学でした。施設が出来たばかりで、どこを見渡してもきれいで清潔感があるところもよかったです。

ぜひ行ってみてくださいね。

スポンサーリンク