自宅を売却し、もうすぐ引っ越し予定の我が家です。

いま住んでいる家は結婚と同時に住んでおり、お互い実家暮らしだったため、いちから家具・家電を揃えました。そのため「引っ越し」という作業は今回が初めての経験です。

子供も3人産まれ、今のこの荷物の量で引っ越すとどのぐらいの引っ越し料金になるのか相場がまったく分からなかったので、何社か引っ越し業者の方に来てもらい比較することにしました。

実際に自宅に来てもらい、見積もりをしてもらったのは「アート引越センター」「アリさんマークの引越社」「サカイ引越センター」の3社です。

順番は特に意識していませんでしたが、①アート引越センター、②アリさんマークの引越社、③サカイ引越センターの順で来てもらいました。

スポンサーリンク

アート引越センターの見積もり料金

アート引越センターでは、転出する住まいと転入する新居にティッシュを配ってご挨拶してくれるそうです。また不要になったダンボールは無料で引き取りにきてくれるそうです。

我が家の引っ越し希望日が、転勤や企業の引っ越しが集中する時期なので少し金額が高くなってしまうと言われました。最初に提示された料金はこの金額でした。

営業マン
157,000円になります

初めての引越しで相場が分からないのと、他の業者の見積もりがこれからなのでこの料金が高いのか安いのか検討がつきません。でも、自分たちで運べる分は運ぶので、少し安くならないのかなと思い交渉してみました。

わたし
引っ越し先の場所が近いので、衣装ケースは自分たちの車で運ぶので少し安くなりませんか

と交渉してみました。すると衣装ケース分の荷物を減らした金額が提示されました。

営業マン
139,860円までお値下げします

という料金まで下がりました。この時点でまだ即決せず、他の引越し業者の見積もりを待つことにしました。

 

>>日にちを選んでカンタン料金比較!そのまま引越しの予約も可能
引越し侍の予約サービス

スポンサーリンク

アリさんマークの引越社の見積もり料金

アリさんマークでは「全作業員が身元保証人付きである」ということを強くアピールしていました。スタッフの身元を明確にすることで、大事な家財を扱う責任感を強固にするとともに、依頼主の方への安心感につながるそうです。

アリさんマークでは次の料金を提示されました。

営業マン
134,460円になります

 

アート引越センターより少し安くなりました。

営業マン
いまこの場でご主人様にご連絡して即決していただけたら120,000円にします!

「安い!」と思いましたが、旦那は仕事中でおそらく電話に出られないのと、サカイ引越センターの見積もりも見た上で決めたかったので、少し待ってもうことにしました。

営業さんというのは、これぐらいの熱意で仕事を取ってくることが大事なんだなと思った日でした。

>>日にちを選んでカンタン料金比較!そのまま引越しの予約も可能
引越し侍の予約サービス

スポンサーリンク

サカイ引越センターの見積もり料金

「勉強しまっせ引越しのサカイ~♪」という音楽があたまに残っていたので、「引越しのサカイ」が企業名だと思っていたのですが「サカイ引越センター」というのが企業名でした。見積もりに来ていただいた際にお米をいただきました。ありがとうございます。

サカイ引越センターは、引越し業者では唯一、東証一部に上場しており、5年連続で「売上高」「作業件数」がナンバーワンなんだそうです。

また「安心保証サービス」というのがあり、「引越時の家電等の内部破損(データ消失以外)」というサービスがあります。これは、引越完了後1か月以内に冷蔵庫や洗濯機などの家電が故障した場合、5万円以内まで修理費用を負担してくれるそうです。

営業マン
119,880円で勉強させてください!

アリさんマークの即決価格より120円値引きしてくれました。安心保証サービスもいいなと思ったので、我が家は「サカイ引越センター」にお願いすることにしました。

引っ越し業者の見積もり料金まとめ

実際に3社に来てもらい見積もりしてもらって感じたことは、引越し料金というのは定価がないのだなということです。

引っ越しが集中する時期は交渉できないかもしれませんが、それ以外の時期は2,3日ずらしただけでも料金がだいぶ変わったり、他の引越し業者の話をすると値下げを提示してくれたり、言い値で決めないことが大事だなと思いました。

交渉するには最低でも3社の見積もりがあるといいと思います。他社の見積もりを見せて、他社ではこの金額を提示されたと話した結果、どんどん料金が下がっていきました。

私が利用したのは引越一括見積もりサイトです。このようなサイトを利用して比較し交渉すると、ほんとうに料金が下がってきます。

得した分、新居で新しい家具や家電にお金をまわしましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事