ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vを購入 キャスター、お手入れ方法など使ってみての私の口コミ

春先の花粉症、乾燥する季節、インフルエンザが大流行する時期など、一年を通して加湿器や空気清浄機は活躍してくれますよね。

加湿器と空気清浄機、単体で購入して設置することももちろん可能ですが、購入する費用や電気代、コンセントの数、設置場所を考えると、やはり二つの機能が一緒になった加湿空気清浄機を選ぶ方が多いと思います。今は各部屋に設置されているご家庭も多いですよね。

我が家では、これまでもダイキンの加湿空気清浄機を使ってきたのですが、古くなってきたのと引っ越しを機に買い替えることにしました。

加湿空気清浄機は様々なメーカーから発売されていますが、ダイキンの加湿空気清浄機を今まで使ってきて、花粉症の時期に大活躍してくれたこと、今まで家族がひとりもインフルエンザになっていないこと、同じメーカーの方が手入れもほぼ一緒で使いやすいかもしれないと思い、まだダイキン製品の中から探すことにしました。

自分の希望としては以下を満たしている機種でした。

  1. 加湿機能がついている
  2. 集じん能力が高い
  3. 部屋の湿度が分かる
  4. 部屋がキレイになっているかどうか分かる

これら4つの希望を満たしていた、加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vを購入しました。

色は、ホワイトもキレイだなと思ったのですが、ブラウンの方がリビングの家具に馴染みそうだったのでビターブラウンを選びました。

スポンサーリンク

加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vの特徴

MCK70Vは、ツインストリーマとTAFUフィルターを採用しており集塵能力に優れています。

ストリーマ

ストリーマとはプラズマ放電の一種で、ニオイ分子や花粉などの有害物質を分解するダイキン独自の技術です。ダイキンの空気清浄機は、フィルター上部にあるストリーマ発生ユニットから集じんフィルター全体に対してストリーマを噴射しています。

MCK70Vは従来機の2倍のストリーマーユニット、「ツインストリーマ」を採用しているので脱臭や分解も従来の2倍の能力があります。

TAFUフィルター

ホコリや花粉を捕集する集じんフィルターは、これまではHEPAフィルターというものを採用していましたが、HEPAフィルターはフィルターに汚れが付着するとフィルターの繊維上に汚れが広がってしまい、集じん力が低下する原因になっていました。

ダイキンでは、2017年からTAFU(タフ)フィルターという新しい集じんフィルターを採用しています。TAFUフィルターは蓮の線維を使用しており、蓮は撥水性・撥油性があるので、フィルターについた汚れが広がらず集じん力が落ちにくくなりました。

そして、HEPAフィルターは10年後のフィルターとしての機能が50%まで減ってしまうのに対し、TAFUフィルターは10年後のフィルターとしての機能が72%と経年劣化が少なく、メンテナンスがいらないという結果が出ているそうです。

 

高い集じん能力、経年劣化が少ないフィルター、そしてデザインや色も気に入ったので、この機種を選びました。

自分なりに調べたことを書いてみましたが、使ってみてのレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vの仕様

機種名 MCK70V-W(T)
ラインナップ

ホワイト:MCK70V-W

ビターブラウン:MCK70V-T

適用床面積

空気清浄:31畳

加湿空気清浄:木造 11畳、プレハブ 18畳

外寸 高さ60cm×幅39.5cm×奥行き28.7cm
質量 12.5kg(水なし)
タンク容量 約3.6リットル

わたし
けっこう大きいです
スポンサーリンク

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vの水タンク、ルーバー

側面に水タンクが収納されています。PUSHというボタンを押しながら手前に引いて外します。

 

水を入れる注ぎ口が広いです。水を注ぎやすいですが、手元がくるって傾けてしまったときはバシャー!と一気に水が出てしまうので注意が必要です。

わたし
洗面所で水を入れているときに、重さに耐えきれず傾けてしまいました・・・

3.6リットル入るので、長時間もちます。

 

上部にルーバーがあり、手動で風向きを調整します。ルーバーは3段階で風向調整ができます。

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vの運転

①運転を本体にまかせたいとき(おまかせ運転)

室内温度と湿度の状態に応じて自動で空気清浄運転、加湿運転を切り換えます。

②コース運転をしたいとき

「風量自動」→「節電」→「花粉」→「のど・はな」→「サーキュレーター」の4コースです。

  • 風量自動:空気の汚れ具合と湿度状態に応じて、自動的に風量を調整します。
  • 節電:風量「しずか」「弱」のみを自動で切り換え、消費電力と運転音を抑えた運転をします。空気がキレイな状態がしばらく続くと、自動的に「みはり運転モード」に切り替わります。みはり運転モードでは、送風ファンが定期的に運転と停止を繰り返しながら、ホコリやニオイ、湿度の状態をチェックします。
  • 花粉:5分ごとに風量「標準」↔「弱」に切り換わり、ゆるやかな気流をおこして花粉が床に落ちる前にキャッチしやすくします。
  • のど・はな:のどや肌にやさしい湿度になるように自動で湿度を調整します。
  • サーキュレーター:空気をきれいにしながら室内の温度むらをおさえます。

③風量を変えたいとき

風量は「しずか」→「弱」→「標準」→「ターボ」の4つです。

  • しずか運転:微風運転なので就寝中におすすめです。
  • ターボ運転:大風量で空気の汚れをすばやく取り除くので掃除のときにおすすめです。

④加湿空気清浄運転をしたいとき

加湿モードは「ひかえめ」→「標準」→「高め」の3つです。

  • ひかえめ:湿度約40%を目安に自動運転
  • 標準:湿度約50%を目安に自動運転
  • 高め:湿度約60%を目安に自動運転

 

いろいろボタンはついてますが、我が家は「コース」で自動運転することがほとんどです。

春先は「花粉」乾燥している冬は「のど・はな」など、目的に応じて自動で運転してくれるのでとても便利です。

 

前面にセンサーランプがあり、現在のホコリPM2.5ニオイの強度がひとめで分かります。汚れやニオイが強くなるにつれ、青→橙→赤へと変化します。

また、現在の部屋の湿度も分かります。

台所で料理を作り始めたり、子供たちがお菓子の袋を開けたりするとニオイセンサーの色が変化するので、空気中の変化を敏感に察知することができるようです。

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vのフィルターの手入れ

前面パネルを外すと、プレフィルターがあります。プレフィルターは約2週間に1度、掃除機でホコリを吸い取る程度で大丈夫です。

プレフィルターの手入れ
約2週間に一度、掃除機でホコリを吸う

 

プレフィルターを外すと、集じんフィルターがあります。上の方でも書きましたが、別名TAFUフィルターとも呼ばれるものです。

10年間、お手入れ不要です。掃除機や水洗いは禁止です。掃除によってフィルターが破損して穴が開いてしまった場合、集じん能力が低下してしまいます。集じんフィルターは10年を目安に交換します。

集じんフィルターの手入れ
何もしない
ダイキン 集塵フィルター KAFP085A4

 

集じんフィルターを外すと、脱臭フィルターがあります。脱臭フィルターはニオイや汚れが気になるときだけ、掃除機でホコリを吸い取ります。

脱臭フィルターの手入れ
ニオイや汚れが気になるときだけ掃除機でホコリを吸うが、ほぼ何もしない。

わたし
日々の掃除が必要になるのは、基本的にはプレフィルターだけです

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vの無線LAN機能

MCK70Vは無線LAN機能が搭載されています。スマホにダイキンのアプリをインストールし、MCK70Vと接続すると、アプリから操作を行うことができます。

家の中だけでなく外出先からも、家の中の空気の様子を確認したり、

 

アプリから運転コースの変更ができたり、

 

アプリからON/OFFができたり、新しい家電ってすごいなと関心してしまいました。

加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vのキャスター

本体が女性の力では重たく、掃除をするときや片付けるときに大変だったので、キャスターを追加購入しました。

 

ロック付きのキャスターが2個、普通のキャスターが2個です。

 

本体を少し傾けて四隅の穴に差し込むだけで簡単に取り付けることができます。ロック付きのキャスターを前側に取り付けます。

掃除や片付けがとてもラクになったので、初めから購入すればよかったなと思いました。

加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70Vのまとめ

今年の春先に花粉症対策として購入したのですが、喉の痛みがおさまったり、くしゃみの回数が減ったりと、部屋の中を快適に過ごすことができたので、やはりダイキンの加湿空気清浄機は間違いないなと思いました。

ひどい花粉症の私にとってとても心強い味方です。

これからの空気が乾燥する季節、インフルエンザが大流行する時期も大活躍してくれることを期待しています。

スポンサーリンク