ニトリのソファになるマットレス ダブルを使ってみた 敷きパッドをソファカバーにする付け方 私の口コミ

子供が小さいうちは、一日を過ごす部屋にマットレスが一枚あると便利ですよね。

お昼寝をしたり、オムツを替えたり、子供がゴロゴロできたりと、使う用途がたくさんあります。

我が家では、私が以前使っていたシングルのマットレスを部屋の片隅に置いてあるので、子供たちがそのマットレスに座ってテレビを見たりお菓子を食べたり、時には昼寝をするときのベッドとしても使っているのですが、3人で使い倒しすぎて破れてしまったこともあり買い替えることにしました。

また、買い替えるにあたり、昼寝をするマットレスとしての機能だけでなく、ソファとしても使えるものはないのか探していました。

ニトリのソファになるマットレスがマットレス、カウチ、ソファの3wayで自在に使うことができ、良さそうだったので購入しました。使ってみての感想をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

ニトリのソファになるマットレスのサイズ

ニトリのソファになるマットレスは3サイズあります。

サイズ 価格
シングル 97cm×197cm 9,250円
セミダブル 120cm×197cm 11,945円
ダブル 140cm×197cm 13,797円

※価格は税抜きです

厚さは「11cm」あるので、けっこう高さがあります。

かたさは「ふつう」です。

我が家は、子供3人が横になれるようにダブルを購入しました。

スポンサーリンク

ニトリのソファになるマットレスのソファ

ソファの状態です。

 

横から見たソファです。

 

ズレ防止テープがついているので、背面が後ろに倒れない設計になっています。

説明書きには「ズレ防止テープはついていますが、ソファで使うときには背面を壁などにつけて使ってください」との記載がありました。

スポンサーリンク

ニトリのソファになるマットレスのカウチ

足元のマットレスを広げると、カウチになります。

 

二つに折り畳まれた部分が枕になっているので、頭を置いて横になることができます。カウチの場合も、ズレ防止テープで背面が固定されています。

ニトリのソファになるマットレスのマットレス

マットレスの状態です。ソファやカウチの状態のときに使っていたズレ防止テープをペリペリと剥がし、マットレスの両脇の部分に付け替えます。

ニトリのソファになるマットレスのレビュー

  • 子供たちはテレビを見ながらお菓子を食べるときはソファのかたちにして座り、寝転びながらテレビを見るときはカウチのかたちにしているようです。子供でも簡単にかたちを変えることができます。
  • 子供たちが横になったまま寝てしまっても、カウチからマットレスのかたちに広げればいいだけなので、ベッドに子供たちを運ぶ必要がなく、そのまま寝かせることができます。
  • 子供たちが幼稚園に行ってる昼間は、ソファのかたちにすればコンパクトになるので、掃除がしやすく部屋も広く使うことができます。

ダブルサイズを購入したので値段が高いなと思ったのですが、想像以上に多機能だったので満足しています。

ニトリのソファになるマットレスの敷きパッド、ソファーカバー

子供たちが使うので、マットレスの上でジュースをこぼしたり、ときにはおねしょをしてしまったり、体調が悪いときは吐いてしまったりと、防水対策をしておかないとマットレスがすぐにダメになってしまいます。

洗える防水敷きパッドというのがあったので、これを敷くことにしました。

 

ソファにした状態で敷いたときです。

 

カウチにした状態で敷いたときです。

 

マットレスにした状態で敷いたときです。

ソファやカウチにした状態で防水敷きパッドを敷くと、たるみが出てしまうのでズレやすいのですが、防水や汚れ予防としての機能は果たしているので、この防水敷きパッドを使っていきたいと思います。

ニトリのソファになるマットレスのまとめ

とてもしっかりとした作りで多機能なので、一人暮らしの方部屋を広く使いたい方にも向いています。また、コンパクトになるので引っ越しをするときに便利です。転勤が多い方にも向いていると思います。

厚みが11cmあるので体も痛くなりづらいと思います。

ソファはもちろん、カウチのかたちにしても長さが短くなり部屋が広く使えるので、とてもおすすめです。

スポンサーリンク