【入学】算数セットの名前を貼る場所はここにした 算数シール・お名前スタンプがあると名前付けは早い 

小学校の入学準備で大変なことと言えば、名前付けですよね。

その中でも算数セットの名前付けは、計算カードや数字カードの枚数の多さにやる気が起こらず、また、初めて見た学用品だったのでどこに名前を付ければいいのか分かりませんでした。

小学生のお子さんがいるママ友に名前を付ける位置を教えてもらったり、ネットの情報を参考にしたり試行錯誤しながら準備が終わりました。

私は幼稚園の入園準備でおなまえBOXというお名前スタンプを買ったのですが、小学校の入学準備でも大活躍してくれました。

 

また、算数セットのお名前シールサイコロ細かい道具に名前をつけることができてとても便利でした。お名前シールは算数シールがセットになったものを購入しました。

はじめての算数セットの名前付けで、いろいろと迷って試行錯誤したので私の貼った場所をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

算数セットの内容

息子の小学校の算数セットには、おはじき数え棒お金セットがありませんでした。おはじきやお金セットがある小学校に比べると、名前付けの作業が少ないと思います。

スポンサーリンク

計算カードの名前付け・名前を貼る場所

単語帳になっている計算カードです。

 

一枚一枚のカードの裏側(回答の方)に名前をつけました(緑色の部分)。

枚数が多くて余白が狭いので、お名前スタンプの方がやりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

数カード(すうカード)の名前付け・名前を貼る場所

数カードは数が書いてある方はりんごやぶどうなどの絵が描かれていて余白が狭かったので、何も書いていない方に名前をつけました(緑色の部分)。

 

丸がついている数カードも、何も書いていない方に名前をつけました(緑色の部分)。

サイコロの名前付け・名前を貼る場所

「サイコロに名前?」と焦りましたが、算数シールにはサイコロ用のシールが用意されています。

三角形のかたちをしているので、「一の位」の角と角に名前とつけました(緑色の部分)。

ブロックの名前付け・名前を貼る場所

ブロックは黄色い部分のサイドにお名前シールを貼りました(緑色の部分)。

 

ブロックの絵をした黄色い紙は、数字側に名前をつけました(緑色の部分)。

私は今後、学用品が増えたときの予備として「お名前シール+算数シール」のセットを購入したのですが、お名前スタンプと併用したり、幼稚園で使っていたお名前シールがまだ残っているなど多くの枚数が不要なときは「算数シール」のみで十分だと思います。

<お名前シール+算数シール:最大 1,267枚

 

<算数シール:731枚

算数セットの名前付けまとめ

息子の小学校入学ではじめて算数セットを見たのですが、計算カードや数カードは枚数があるので手書きで名前をつけるのはとても大変です。

えんぴつや消しゴム、クレヨンや色鉛筆、ノートなど、名前をつけるものは他にもたくさんあるので、お名前シールもお名前スタンプもフルに活用し少しでも効率よく時間短縮できたらいいと思います。

また、進研ゼミのチャレンジ1年生入学準備スタートボックスにも、お名前シールが413枚ついていたのでこちらも便利でした。

スポンサーリンク