【レポ】レゴランド東京(お台場)は割引クーポンや前売券で入場チケットを買った方がお得

お台場のデックス東京ビーチ内にある、レゴランド・ディスカバリー・センター東京に行ってきました。

施設内のありとあらゆる場所にそれぞれのテーマに沿った様々なレゴがあるので、レゴが大好きな息子たちはものすごく熱中してレゴを作っていました。

またレゴを作るだけでなく、アトラクションがあったり、走り回って遊べる遊具施設があったり、レゴが大好きなお子さんもそうでないお子さんでも、大人でも楽しむことができる施設です。

レゴランド東京は、デックス東京ビーチの中にあるので、レゴランド東京で遊んだあともデックス内を見て回ったり、レストランやカフェで食事をしたり、帰り際にお台場のキラキラした夜景を見たり、一日楽しめてとても楽しかったです。

行ってきた感想などレポしたいと思います。

スポンサーリンク

レゴランド・ディスカバリー・センター東京 基本情報

施設名 レゴランド・ディスカバリー・センター東京
営業時間
  • 【平日】10:00~20:00(最終入場18:00)
  • 【土日祝】10:00~21:00(最終入場19:00)
最寄り駅
  • ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」徒歩2分
  • りんかい線「東京テレポート駅」徒歩5分
休館日 不定休(デックス東京ビーチの休館日に準ずる)
駐車場

デックス東京ビーチ

  • 【平日】最初の60分まで500円、以降30分ごとに250円(1日最大1,500円)
  • 【土日祝】最初の60分まで500円、以降30分ごとに300円(最大料金なし)

※割引サービスあり

URL 公式サイト
住所 東京都港区台場1-6-1
MAP
デックス東京ビーチ
スポンサーリンク

レゴランド東京は家族4人で行くと1万円かかる

我が家がレゴランド東京に行ったときのレシートです。

急に思い立って行くことになったので前売券や割引クーポンの存在を知らず、当日券をチケットカウンターで購入したのですが、大人2人と、幼稚園児2人未就園児1人の5人家族の当日券の支払いはこうなりました。

当日券(2@2,500円) おとな(2名以上):5,000円
当日券(2@2,500円) こども(2名以上):5,000円
コンプリメンタリーチケット(1@0円) 2歳以下:0円
合計 10,000円

いちばん下の子供が2歳なので無料でしたが、3歳以上の子供を2人連れて行った時点で、家族4人で行くと10,000円かかってしまいます。

レゴランド東京はとても楽しくてまた行きたいので、お得なチケットはないのか前売券や割引クーポンについて調べてみました。

スポンサーリンク

レゴランド東京のチケットの種類

レゴランド東京は3歳以上からチケット料金が必要になります。

チケットは以下の種類があります。

当日券 2,500円
平日限定親子チケット(大人1名+子供1名)
※数量限定
3,300円
コンボチケット
(マダムタッソー入場券付き)
大人:3,100円
子供:2,500円

マダムタッソーは、レゴランド東京に隣接されている蝋人形館です。

>>マダムタッソー

当日券よりお得にチケットを買う方法がいくつかあるので、まとめたいと思います。

レゴランド東京の前売券、割引クーポン

①レゴランド東京の公式サイトで前売券を買う

レゴランド東京の公式サイトから前売券を購入する方法です。

平日 1,950円
土日祝 2,200円
16時以降 1,800円

公式サイトから購入する安心感もあるのでおすすめです。

>>レゴランド・ディスカバリー・センター東京

②「みんなの優待」で割引クーポンを利用する

みんなの優待は、gooddo株式会社が運営する割引クーポンサイトです。

伊藤ハムやサントリー、パナソニックなど上場企業の約半数が使っている福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を一般の人にも使えるようにしたサービスなので、安心して利用できます。

 

みんなの優待の会員登録をすると、デジタルチケットやfamiポートの発券で、チケット料金が最大1,100円安くなります。

デジタルチケット おとな・こども共通 2,500円→1,400円
デジタルチケット 入場券(平日) 2,500円→1,400円
famiポート 入場券(全日) 2,500円→1,800円

みんなの優待は月額490円かかりますが、無料お試し期間があり、無料お試し期間中でも割引クーポンを発行できます。

レジャー施設やグルメ、旅、育児用品など、たくさん種類があるので、お試し期間にいろいろ見てみるのをおすすめします。

>>みんなの優待

③「アソビュー」で割引クーポンを利用する

アソビューは、北海道から沖縄まで、日本全国のレジャーを約300種類・20,000プラン取り揃えた遊び・体験の日本最大級の予約サイトです。

アソビューで割引チケットを購入すると、最大42%オフになります。

平日 2,500円→1,450円
土日祝 2,500円→1,800円

>>アソビュー

④レゴランド東京のチケット付き宿泊プランで予約する

グランドニッコー台場」にはレゴランド東京のチケット付き宿泊プランがあるので、遠方の方や、翌日ゆっくりしたい方、お台場を観光したい方におすすめです。

>>グランドニッコー東京 台場

⑤JAF会員は優待を受けられる

JAF会員の方は優待割引を受けることができます。

平日 1,400円
土日祝 1,700円

>>日本自動車連盟(JAF)

レゴランド東京(お台場)の駐車場

レゴランド東京はデックス東京ビーチ内にあり、デックス東京ビーチに550台停めることができる駐車場があります。

平日は最大料金の設定があり、1日最大1,500円です。

駐車料金

  • 平日:最初の60分まで500円、以降30分ごとに250円(1日最大料金1,500円)
  • 土日祝:最初の60分まで500円、以降30分ごとに300円(最大料金なし)

割引サービス

1店舗の利用金額
平日 3,000円以上で2時間無料
5,000円以上で最大4時間無料
土日祝 3,000円以上で1時間無料
5,000円以上で最大2時間無料

レゴランド東京で利用した金額は、合計金額が適用されます。

前売券でも上記のサービスを受けることができます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

>>デックス東京ビーチ(アクセス・駐車場)

レゴランド東京(お台場)の入場ゲート

レゴランド東京は、デックス東京ビーチのアイランドモール3階に入口があります。

3階は受付と入場だけで、メインの遊び場は6階・7階にあります。入場を済ませたら、エレベーターに乗って7階に行きます。

レゴランド東京のアトラクション

ミニランド

東京の名所をレゴで再現したジオラマです。細かいパーツで丁寧に作られていて圧巻です。見れば見るほど新しい発見があるので、ずーっと見ていても飽きません。

要所要所に仕掛けがあり、東京ドームでは野球盤で遊べたり、両国国技館では相撲で遊ぶことができます。

 

時間が経つと部屋の明かりが暗くなり、東京の夜景も楽しむことができます。

キングダム・クエスト

5人乗りのカートに乗って、モンスターや不気味なガイコツ戦士をレーザーガンでやっつけるシューティングゲームです。ゲームが大好きなお兄ちゃんたちはガンガン撃っていましたが、暗いところが苦手の娘は「怖い怖い」と固まっていました。

このアトラクションは、ディズニーランドのようにアトラクション中の写真撮影があります。モニター画面で写真を確認してみて写りが気に入らなかった場合は、次回乗車時の写真と比べて購入することもできるようです。

  • 130cm以下の子供は保護者の付き添いが必要
  • 付添い1名の場合、130cm以下の子供は2名まで同乗できる
  • 定員:5名(1台)
  • 所要時間:約4分

マーリン・アプレンティス

ぐるぐると回りながら上昇したり下降したりするアトラックションです。足元にペダルがあり漕ぐと上昇します。乗る前は期待していなかったのですが、天井近くまで上昇するのでスリルがあって大人でも楽しめました。

身長が120cm以下の子供がいる場合は保護者の付き添いが必要になるので、お母さんが身長120cm以下の子供を2人連れている場合は、お母さんが2回乗ることになります。

我が家のケースでいうと、私が長男と次男を連れて並んだのですが、2人とも身長が120cm以下だったので、最初に長男と私で乗り、次男は入場ゲートの手前でひとりで待機してもらいました。長男が降りた後は交代し、次男と私で乗りました。

スタッフの方が側にいるので大丈夫だと思いますが、ひとりで待たせるとどこかへ行ってしまうようなお子さんの場合は、保護者が2人以上いるときに乗車した方がいいかもしれません。

  • 身長90㎝以上
  • 90㎝~120㎝の子供は、保護者(18歳以上)の付添いが必要
  • 大人同士での同乗は不可

レゴニンジャゴー シティアドベンチャー

レゴニンジャゴーの世界観をテーマに様々なカラクリを体験したり、跳んだり跳ねたり体全体で楽しむことができる体験型アトラクションです。壁や床がふわふわのクッションでできているので転んでも痛くありません。よく屋内型子供施設にあるような、ふわふわのエアマット遊具です。

隠れ家のような忍者屋敷のような構造になっており、子供たちは走り回っていて楽しそうでした。

このアトラクションは混雑を避けるため時間制になっているので、時間になると全員退出します。でも回数制限はないので、もう一度、列に並び直せばまた遊ぶことができます。

レゴレーサー ビルド&テスト

車のパーツがたくさんあるのでスポーツカーやトラック、消防車などを作って、早さを競い合います。実際に作って走らせてみましたが、タイヤが外れたりコースアウトしたり、なかなか難しかったです。

シティー・ビルダー

レゴの街を作るシティービルダーです。すでにレゴの街があるのでその横に家を作って遊びます。

乳幼児用エリア デュプロビレッジ

小さな子供向けのレゴ、デュプロで遊ぶことができるデュプロビレッジです。大きなサイズのソフトブロックもあります。2歳~5歳の子供を対象としています。

レゴランド東京(お台場)のカフェテリア

レゴランド東京内にある唯一のカフェテリアです。

 

カレーライスやロコモコなどのフードメニューもありますが、サンドウィッチ、チュロス、ホットドックなどの軽食もあります。

レゴランド東京(お台場)恐竜王国

レゴランド東京内の階段をひとつ降りると、「ダイノ・エクスプローラー 探検!恐竜王国!」です。出口にいちばん近い最後のエリアです。

 

恐竜の作り方が書いてある説明書が置いてあるので、それを見ながら息子たちは恐竜を作っていました。

 

レゴでできた恐竜と一緒に撮影ができるフォトスポットもあります。

 

この恐竜コーナーでレゴランド東京は終わりです。恐竜コーナーの出口は、グッズショップの入口になっています。

わたし
出てしまうと再入場できないので、思い残すことなく遊んでから出るようにしてくださいね

 

また、レゴランドでしか購入できない限定グッズや、店頭とは違う特別価格で購入できる公式オンラインショップもあるので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

レゴランド東京(お台場)まとめ

息子たちはものすごく熱中してレゴ作りをしていたので、ひとつのことに集中したり想像力を働かせるレゴはやっぱりいいなと再認識しました。

レゴランド東京に行く際は当日券の料金では損をするので、お得な前売り券がおすすめです。前売り券は公式サイトで購入することができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

スポンサーリンク