【レビュー】レゴ スーパーマリオのスターターセットはクッパJrとクリボーを倒すコース

レゴと任天堂のスーパーマリオのコラボ商品、「レゴ スーパーマリオ」が、8月1日の世界同時発売に先駆け、7月10日に日本で先行発売されました。

7月1日に先行して発売されたのは、スターターセットである「レゴ マリオとぼうけんのはじまり」と、拡張セットの「パックンフラワー のバランス チャレンジ」と「サンボのさばくチャレンジ」の3商品です。

レゴ マリオとぼうけんのはじまり」を購入したので、遊び方をまとめました。

レゴ スーパーマリオ 71363 サンボ の さばく チャレンジ
スポンサーリンク

レゴ マリオとぼうけんのはじまりのキャラクター

スターターセット(基本セット)である、レゴ マリオとぼうけんのはじまりに付属されているキャラクターは、マリオ、クッパJr.、クリボーの3つです。

レゴ マリオは拡張セットには入っていないので、まずはスターターセットを買うことが基本になります。

スポンサーリンク

レゴ マリオとぼうけんのはじまりのコース

「レゴ マリオとぼうけんのはじまり」の基本的な遊び方は、スタート地点に土管を配置し、その中にマリオを入れることで60秒間のカウントダウンが始まるので、ジャンプや宙返りをしたり、ハテナブロックを踏んだり、に乗ったり、クリボークッパJr.を倒しながら、より多くのコインを集めてゴールすることです。

拡張セットがあれば、さらにコースを広げていくことができます。

作ったコースは、アプリを通じて世界中の人とシェアすることができます。

スポンサーリンク

ジャンプをしたりブロックに乗せたときの反応

レゴ マリオをトコトコと歩かせると、「ピコーン」というコインをゲットしたときの音がして、ディスプレイにコインの映像が表示されます。

また、レゴ マリオをジャンプさせると、マリオがジャンプしたときの音がします。

 

レゴ マリオの足の裏にはセンサーがついているので、ブロックの色によってマリオが反応します。

赤いブロックの上に乗ると、燃える音とディスプレイに炎の映像が表示され、レゴ マリオも苦しそうな声と表情をします。

 

水色のブロックは「チャプン」という音がしてディスプレイに水が表示されます。

 

緑のブロックは草原(?)です。

バーコードがついているアクションブロックに乗せたとき

土管やはてなマークなどの主要なアクションブロックには、専用コードのシールがついています。

この上にレゴ マリオを乗せると、足の裏にあるセンサーが反応し様々なリアクションをしてくれます。

クリボー

クリボーの上に乗せると、「ピコーン」というコインをゲットするときの音と映像が表示され、コインをゲットします。

土管

土管の中に入れると、カウントダウンの音と映像が表示され、カウントが始まります。

ゴール

ゴールすると、ゴールをしたときの音が流れて、ディスプレイにゴールをしたときの旗がはためきます。

ハテナブロック

はてなブロックの上に乗せると、ディスプレイの中のはてなマークがグルグル回転し始めます。

 

キノコをゲットしました。

 

スターをゲットするときもあります。

マリオとクッパJr.の戦い

とってもかわいらしいクッパJr.です。

 

クッパJr.も背中にバーコードがついているので、マリオがクッパJr.を5回踏むとコインをゲットできます。

レゴ スーパーマリオのアプリでできること

レゴ マリオのアプリでは、立体的に作り方が分かるデジタル説明書の他、コース作りのヒントやアイデアが沸くコースのサンプル、また、作ったコースを世界中の人とシェアすることができます。

 

管理画面では、合計コイン獲得数、レゴ マリオの電池残量も分かります。

レゴ スーパーマリオのまとめ

レゴは創造力を駆使して遊ぶ玩具ですが、そこにマリオのゲーム性が加わると、マリオのゲームを自分で作るという新しい感覚があり、とても楽しいです。

拡張セットも買って、どんどんコースを増やしていきたいと思います。

レゴ スーパーマリオ 71363 サンボ の さばく チャレンジ
スポンサーリンク