【レビュー】手動芝刈り機 キンボシ ゴールデンスター ナイスバーディーモアーはおすすめ 使い方、収納 GSB-2000N

お庭の芝の手入れって想像以上に大変ですよね。放置していると雑草が生えてきたり見た目もよくありません。きれいな芝の状態をキープするためには、定期的な芝刈りが必要になってきます。

これまで我が家では電動芝刈り機を使っていたのですが、電動芝刈り機を使いこなすことができず壊してばかりだったので、手動芝刈り機に買い替えました。

購入したのは、キンボシのゴールデンスター ナイスバーディーモアー GSB-2000Nです。

電動芝刈り機から手動芝刈り機に買い替えをしたので、使い勝手の違いなどをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

電動芝刈り機の使い勝手

①ハンディ電動芝刈り機

初めて買ったのはハンディタイプの電動芝刈り機でした。

庭の隅の方や、植木の根元などの細かい部分までキレイに刈れたので気に入っていたのですが、長時間、腰を落としてかがんで芝を刈っている姿勢が腰痛持ちの私たち夫婦にとって辛く、休憩をしないと続けられませんでした。

また、熱中して芝を刈っていたところ延長コードを切断

本体の電源コードは無事だったので延長コードを交換し使っていたのですが、芝の隙間に潜んでいる小石でだんだんと刃が歪んでしまい、あまり刈れなくなってしまいました。

わたし
安かったし、しょうがない!

 

そしてまた、同じハンディタイプの電動芝刈り機を買い直しました。

2代目のハンディタイプの電動芝刈り機は庭のコンテナボックスに収納していたのですが、片付けをした際にコンテナのフタを開けっ放しにしていたようで、次の日の大雨でコンテナ内で水没。あえなく故障してしまいました。

②ロータリー式 電動芝刈り機

夫婦共に腰痛持ちなのと、刈った芝をほうきで掃くのが大変だったので、ハンディタイプはもうやめようと思い、次に購入したのはアイリスオーヤマのロータリー式電動芝刈り機です。

立ったままの姿勢で芝を刈ることができて、刈った芝もグラスキャッチャーの中に入ってくれるので片付けも楽チンでした。値段も手頃です。

しばらく使っていたのですが、子供が3人になり庭の手入れをする時間がなくなってきたので、芝を剥がし固まる土で庭を固めてしまいました。

その後、この電動芝刈り機は義父に譲ったのですが重宝しているそうです。足腰が悪いお年寄りや、私たち夫婦のように腰痛持ちの方でも楽な姿勢で芝を刈ることができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

手動芝刈り機と電動芝刈り機の比較

昨年引っ越しをしたのですが、新居の庭に芝が敷かれていたのでまた芝問題と対峙することになりました。

  • 腰痛持ちでも体に負担にならない
  • 電源コードがない
  • 故障の心配がない
  • 刈ったあと芝の片付けが簡単
  • 音がうるさくない

今まで何台か芝刈り機を使ってきて、上記の条件を満たしているといえば手動芝刈り機かもしれないと思い、手動芝刈り機を購入することにしました。

スポンサーリンク

キンボシ ゴールデンスター ナイスバーディーモアー GSB-2000N

キンボシ ナイスバーディーモアー GSB-2000Nの付属品

付属部品
  • ハンドル上(黒)
  • ハンドル中(赤)
  • ハンドル下(赤)
  • グラスキャッチャー(集草器)←写真を撮り忘れました
  • ノブナット、ハンドルボトル

こういった心遣いは日本製らしくていいなぁと思いました。また、梱包もとても丁寧でした。

キンボシ ナイスバーディーモアー GSB-2000Nの仕様

型式 GSB-2000N
刈高さ 10・15・20・25mm
刈刃方式 リール式
装備寸法 長さ1110×幅360×高さ800mm
刈幅 200mm
装着重量 5.7kg

キンボシ ナイスバーディーモアー GSB-2000Nの組み立て方法

組み立て方はとても簡単です。

本体の「取付ボス」といわれる出っぱりに、ハンドル(下)の下部にある穴をはめ込みます(白い丸のところ)。

 

このような状態になります。

 

ハンドル(中)を取り付けて、ハンドルボルト、ノブナットで締め付けます。穴を合わせてノブナットを回すだけなので、工具は不要です。

 

同じようにハンドル(上)を取り付けます。

 

最後にグラスキャッチャーという芝を集めるちりとちのような部品を、本体の前部分に差し込みます。

 

これで完成です。

キンボシ ナイスバーディーモアー GSB-2000Nの刃の調整

刃は4段階で調整することができます。

  • 25mm
  • 20mm
  • 15mm
  • 10mm

 

本体の後方外側にある刈高さ調整ノブナットをゆるめます(時計と反対回り)。

 

設定したい刈り高さの位置にネジ内側の凸部を合わせて(白い丸のところ)、刈高さ調整ノブナットを締め付けます。

キンボシ ナイスバーディーモアー GSB-2000Nの使い方

ハンドルを両手でしっかりと握って地面に押しつけながら、芝生を刈り込みます。

 

刈った芝が溜まってきたら、グラスキャッチャーを外してビニール袋の中に捨てるだけなので、ほうきで後片付けをする手間がありません。

キンボシ ナイスバーディーモアー GSB-2000Nを使ってみての私の口コミ

いいところ

  • 切れ味がよくサクサクよく刈れます。立った姿勢で芝を刈ることができるので、腰への負担も少ないです。
  • 力が弱い女性でも押しやすいです。
  • 小さなお子さんがいるご家庭では、そばで子供を遊ばせながら芝を刈ることもあると思いますが、電動ではないので事故が起こる可能性が低く、安心・安全です。
  • グラスキャッチャーという刈った芝が集まる部分は簡単に取り外すことができるので、ちりとり感覚で刈った芝を捨てることができて、とてもラクです。
  • 電源が不要なので、コードの長さや切断に注意しなければいけないというようなわずらわしさがありません。

いまいちなところ

  • 地面がボコボコしているところは、前に進みづらく少し力が必要です。
  • 無音だと思っていたのですが、「ブィーン」というような音がそこそこ大きいです。電動芝刈り機に比べたらもちろん静かですが、そこそこ音はするので、ご近所迷惑にならない時間帯に使う方がいいと思います。
  • 本体にはめ込んでいるだけのグラスキャッチャーがたまに外れます。
  • 庭の端や植木の根元などの細かい部分を刈ることができないので、そのような場所は刈り込みばさみで切る必要があります。

キンボシ ナイスバーディーモアー GSB-2000Nの収納方法

立って刈ることができる芝刈り機は長さがあるので、収納場所に困ることも多いと思います。我が家は物置きを持っていないので、買ったはいいけどどこに収納すればいいのか悩んでいました。

 ナイスバーディーモアーは、グラスキャッチャーを取り外せばスリムサイズになるので、寝かせたり立たせた状態で隙間などに収納することができます。

我が家はグラスキャッチャーを外し、玄関の隅に立てかけて収納することにしました。

GSB-2000NとGSB-2000N DXの違い

GSB-2000Nに「DX」がついた、GSB-2000N DXという型番の商品もあります。

GSB-2000NGSB-2000N DX の違いは下記2点です。

GSB-2000N DX
  • キャッチャー脱落防止機能
  • 刈り高さワンタッチ機能

刈高調節バーを引いて溝にはめると、ワンタッチで簡単に刈り高さを変更することができます。

キンボシ ナイスバーディーモアー GSB-2000Nのまとめ

電動芝刈り機は電気の力でガーッと一気に刈ることができますが、延長コードを切断してしまったり、雨に濡れて壊れてしまったり、芝を刈っているときは子供から目が離せなかったり、いろいろストレスが多かったので、我が家は手動芝刈り機を購入して正解でした。

掃除機感覚で姿勢もラク、コードの煩わしさもなくなり、何よりよく刈れるのでとてもおすすめです。

スポンサーリンク