停電に備えてスマホの充電ができるランタンを購入 防災・災害時だけでなくキャンプにも

台風や地震など、いつどこで起きるか分からない災害に備えて、防災バッグや防災グッズを用意しているご家庭も多いですよね。

特に小さなお子さんがいるご家庭では、子供の成長に伴い、定期的にバッグの中身を点検する必要があります。赤ちゃんの期間はオムツやミルク、液体ミルクもありますよね。レトルトパウチの離乳食など。子供の成長は早いので、用意しておいた洋服や下着がサイズアウトしていたり、定期的なメンテナンスが必要になってきます。

台風19号「ハギビス」に備えて、ずいぶん前に購入した防災バッグの中身を点検していたのですが、子供の洋服や下着はもちろんサイズアウトしていたのですが、携帯を充電する乾電池式充電器の対応機種が「FOMA」などのガラケーしか対応していないことに気づきました。災害時の連絡手段としてスマホは絶対に必要ですよね。

スマホの充電だけでなく、ランタンとしての機能も一緒についていたら便利だなと思い、スマホの充電ができるランタンを購入したのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

スマホの充電ができるランタン

スマホの充電ができるランタンについて調べてみました。

コールマンのランタンです。スマホも充電することができます。

とても明るく多機能でデザインも格好いいなと思ったのですが、充電方法は乾電池からのみなので、地震などの緊急時には便利ですが、台風などのあらかじめ災害対策の準備ができるときに、乾電池を充電に使ってしまうのはもったいないなと思いました。

パネル部分を取り外しできるのでサブライトにもなり、地震や緊急時の停電対策としてはとてもいいと思います。

 

このLEDランタンは充電方法が3つあり、①USBケーブルからの充電、②電池からの充電、③ソーラー充電の3パターンあるので、緊急時におかれた状況に応じて充電することができます。スマホも充電することができます。

 

このLEDランタンは12800mAhの大容量バッテリーが内蔵されているので、フル状態で弱モードが220時間連続点灯、中モードが70時間連続点灯、ハイモードが20時間連続点灯します。また、フル状態でiPhone 8 に約3回の充電、iPhone 7に約5回の充電をすることができます。蚊よけモードがあるモデルもあります。

スポンサーリンク

FOGEEK LEDランタン

私が購入したのはFOGEEK LEDランタンです。

台風に備えて注文の翌日には手元に欲しかったのですが、この商品がAmazonプライムで商品到着日が翌日になっていたので購入しました。

わたし
配送業者の方、台風が接近する中、届けていただいて本当にありがとうございました

5200mAhのリチウムバッテリーが内蔵されている、スマホが充電できる、コンパクト値段が手頃な点も気に入り、この商品を選びました。

FOGEEK LEDランタンのパッケージ

「充電式キャンプランタン」ということで、災害時だけでなく、キャンプや夜釣り、車中泊、機械修理や屋外作業など、アウトドアでも出番が多そうです。

FOGEEK LEDランタンの仕様

型番 F-C5
バッテリー容量 5200mAh
強モード 9時間
中モード 35時間
弱モード 100時間
フラッシュ 18時間
SOS点滅 21時間

FOGEEK LEDランタンのレビュー

箱を開けてまず最初の感想は「小さッ!」。直径は約7cmで手のひらサイズです。このサイズなら、防災リュックやキャンプ用のバックパックに入れても場所をとりません。

電源ボタンが真ん中にひとつあるシンプルなデザインです。

 

電源ボタンを1回押すと電池残量インジケータが点灯し、電池残量が分かります。届いた時点でフル充電でした!

 

電源ボタンを押してLEDランタンのモードを切り換えます。これは昼白色モードです。「ミドル点灯」→「ロー点灯」→「ハイ点灯」と3段階で明るさが変化します。

 

電源ボタンを押してLEDランタンのモードを切り換えます。これは暖色モードです。このモードも「ミドル点灯」→「ロー点灯」→「ハイ点灯」と3段階で明るさが変化します。

他に、チカチカと点灯する「フラッシュ点灯」と「SOS点灯」があります。

FOGEEK LEDランタンの固定・収納

フックがついているのでテントの骨組みにぶら下げたり、登山時に腰ベルトにぶら下げることができます。本体上部にマグネットも内蔵されているので車の側面などの金属面にくっつけて作業することもできます。

FOGEEK LEDランタンの充電

本体裏側に「INPUT」というポートがあります。このポートから本体の充電をすることができます。

 

付属でUSBケーブルがついていますが、ACアダプタがついたマイクロUSBケーブルが自宅にあったので、そのケーブルで本体を充電しました。

 

本体表側に「OUTPUT」というポートがあります。このポートからスマホを充電することができます。

 

いつも使っているiPhone用の充電ケーブルを差し込んで、ちゃんと充電することができました。

スポンサーリンク

FOGEEK LEDランタンのまとめ

台風による停電対策で購入したのですが、我が家の地域は停電にならなかったので緊急時としては使わずに済みました。

災害時・停電時対策として、ランタンやスマホが充電できる機器は必ず必要ですよね。

我が家のように、少し前に購入した防災バッグや防災グッズでは、ガラケーなどの携帯電話が充電できる機器しか入ってない場合も多いのでぜひ点検してみてください。

スポンサーリンク