3児のママです。こどもや育児用品に関することなどいろいろ書いています。

おつかれかあさん

出産・育児

ジョイントマットは大判かつ単色がおすすめ 大判の方が掃除がしやすい理由

更新日:

赤ちゃんがずりばいやハイハイを始めると、赤ちゃんの安全性を考えてジョイントマットを検討しますよね。

我が家も一人目がずりばいを始めた頃、ジョイントマットを購入しました。

買ってみて失敗したな、ここはよかったなと思ったことが多々あったので、まとめてみたいと思います。これからジョイントマットを買われる方の参考になれば幸いです。

 

 

ジョイントマットのサイズ

ジョイントマットの基本的なサイズは主に2つです。

  • 30cm×30cm
  • 45cm×45cm
  • 60cm×60cm

赤ちゃん本舗や西松屋、ニトリ、イオン、ホームセンターなどでもこの3サイズが置いてあることがほとんどですよね。

我が家が初めて購入したジョイントマットは30cm×30cmタイプでした。特に何も考えずに、このサイズを大量に買って帰りました。

 

30cm×30cmのメリット・デメリット

メリット

小さいので部屋の広さに合わせやすいです。また、汚れなどで交換するときにピンポイントで交換することができます。

 

デメリット

小さいので枚数が必要になる

我が家はリビングと和室に敷きつめていたのですが、ジョイントマットの長さが30cmしかないので、狭い部屋なのにある程度の枚数が必要でした。

狭い我が家でもけっこうな枚数が必要でしたので、広いリビングの家や広範囲に敷きたい場合は、それなりの枚数が必要になってきます。

 

小さいのでずれやすい

ジョイントマットはだんだんとずれてきます。全体の面積から見たときに、30×30cmのジョイントマットはつなぎ目が多いのでずれやすいです。ずれやすいということは、その隙間からゴミも入りやすいのでマットの隙間や下にゴミが溜まりやすくなります。

また、ジュースなど水分をこぼしたときに、ジョイントマットの面積が狭いのでつなぎ目までジュースが到達してしまう可能性が高いです。そうなると床はベトベトです。ジョイントマットを剥がして、洗って乾かさないといけません。

 

掃除が大変

ジョイントマットを剥がして掃除する場合、枚数が多いので敷き直しするのがとても大変です。赤ちゃんのお世話をしながらの掃除なので、けっこうな労力と時間がかかります。だんだん掃除がめんどくさくなってくることが予想されます(笑)

 

大判サイズ(60cm×60cm)のメリット・デメリット

メリット

通常サイズ4枚分が大判サイズ1枚分なので、通常サイズに比べて敷きつめる枚数が少ないです。ということは購入する枚数も少なくて済みます。

全体の面積から見たときにつなぎ目が少ないのでゴミが入る隙間が少なく、また、ジュースなどをこぼしてもジョイントマットの面積が広いので、マットの範囲でおさまることが多くサッと拭くだけで済みます。

また、ジョイントマットを剥がして掃除をする場合でも、枚数が少ないので敷き直しをするのが苦になりません。掃除がしやすいのは赤ちゃんの衛生面にとって必須だと思います。

 

デメリット

汚れなどで交換する場合、汚れている箇所は一部分だけなのに、60cm×60cmの範囲を交換しないといけないので少し不経済です。

 

ジョイントマットの厚み

ジョイントマットの厚みとして、1cmや2cmなどのタイプがありますが、個人的には1cmをおすすめします。

ずりばいやハイハイをしている間は2cmでも大丈夫ですが、つたい歩きやヨチヨチ歩きをし出したとき、まだまだ足腰は不安定です。ジョイントマットを敷いていないエリアに足をついたときに、2cmの段差は赤ちゃんにとってとても大きいです。

またクッション性がありすぎると、かえって歩きづらい場合もあります。

赤ちゃんが自然に歩けるようにという意味でいうと、1cmがおすすめです。

 

ジョイントマットは単色がおすすめ

よく「白×茶」で敷いている写真を見かけますが、交換するときに同じ色をまた敷かないといけません。ジョイントマットは消耗品なので、汚れなどで何度か交換していると同じ色ばかり減っていくこともあります。

我が家も最初は「白×茶」を敷いていましたが、交換するジョイントマットと同じ色のストックがない場合は買い足したりしていました。いまから思えば不経済でした。

色のことを気にしなくていい単色をおすすめします。

 

パズルタイプはやめた方がいい

ジョイントマットの中央部分が動物やアルファベット、数字になっていて、外して遊べるようになっているパズルマットもありますが、個人的にはおすすめしません。「遊べて楽しい」「知育になる」と思いがちですが、直しても直してもすぐに外されます。外したパーツをしゃぶります。パーツの一部が切れたりしたら誤飲の可能性もあります。

衛生面や安全面から考えても、パズルタイプはやめておいた方がいいと思います。

 

ジョイントマットのおすすめ

我が家は最初、「30cm×30cm」「白×茶」を購入しましたが、ずれやすい、ゴミが溜まりやすい、敷き直すのが大変などストレスが多かったので、二人目が産まれたタイミングで、「60cm×60cmの大判タイプ」「単色」に買い換え、とても満足しています。

3人子育て中の私のおすすめをまとめると以下のとおりです。

  • 60cm×60cmの大判タイプ
  • 単色
  • 厚みは1cm
  • パズルマットはダメ

↓この商品は「大判タイプ」「厚み1cm」「単色も選択可」です。レビューが約7,000件なので大人気のようです。大判タイプは本当におすすめです!

-出産・育児

Copyright© おつかれかあさん , 2018 All Rights Reserved.