【レビュー】ブルブル振動マシン ドクターエアの3Dスマートブレードを使っての効果 私の口コミ

ショッピングモールや家電量販店、イベントなどで、ブルブルと振動する器具を見たことがある方や、店員さんに進められて試しに乗ってみたことがある方も多いと思います。

株式会社ドリームファクトリーが展開するトータルボディケアブランド「ドクターエア」は、世界のトップアスリートやトレーナー、医師などのプロからも愛用されています。

ドクターエアの製品の中でも人気のエクササイズツール、3Dスーパーブレードは、振動しているマシンの上に乗るだけでエクササイズができ、体勢や重心を少し変えるだけで自分の気になっているポイントを狙って集中的に効いてくれます。

ブレードの上に乗っているだけなので、運動が苦手な方や、体力がない方にもおすすめです。

また、3Dスーパーブレードは日本ホームヘルス機器協会が認める「体質改善機器認定製品」に認定されています。

>>健康増進機器認定製品とは

 

3Dスーパーブレードは、ダイエットのサポートはもちろん、下半身の強化や、肩凝り腰痛などの全身のメンテナンスなど、トレーニングからストレッチまで幅広くサポートしてくれます。

各製品の違い、使ってみての感想などレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

ドクターエア 3Dスーパーブレードの発売日

3Dスーパーブレードはいくつか種類があります。

発売日は以下の通りです。

型番 発売日
3DスーパーブレードS

SB-002 PK:ピンク
SB-002 BK:ブラック

2016年9月
3Dスーパーブレード スマート SB-003 PK:ピンク
SB-003 BK:ブラック
2018年4月
3DスーパーブレードPRO SB-06 PK:ピンク
SB-06 BK:ブラック
SB-06 WH:ホワイト
2019年12月

3DスーパーブレードSは2019年11月15日で生産が完了しているので、現在は在庫が販売されています。

私は機能や予算面から、3DスーパーブレードSを購入しました。

>>生産完了製品(公式サイト)

スポンサーリンク

ドクターエア 3Dスーパーブレードの種類と特徴

購入するにあたり、3Dスーパーブレードの種類と特徴について調べてみました。

3DスーパーブレードS SB-002

パワフル振動で燃焼エクササイズ。

※3DスパーブレードSは生産が完了しているので、現在は在庫が販売されています。

①オートモードが搭載

振動スピードが変化する3つのオートモード(WALK、JOG、RUN)が搭載されています。自動的に電源が切れるので、テレビを見ながらの「ながらエクササイズ」にもおすすめです。

②付属バンドで筋トレ

付属のエクササイズ用バンドをつければ、筋肉に負荷をかける筋トレも同時にできます。

③リストバンド型リモコン

リモコンは腕時計の形をしているので、電源のON/OFF、速度調整、音楽再生などをエクササイズを中断することなく操作できます。

④音楽を聞きながらエクササイズできる

スピーカー機能があり、USBメモリで音楽を再生することができます。音楽のリズムに合わせて振動速度が変化するので、好きな音楽に合わせてエクササイズが楽しめます。

3Dスーパーブレードスマート SB-003

軽量&コンパクト、自宅でお気軽エクササイズ。

①軽くてコンパクト

3Dスーパーブレードスマートは、3DスーパーブレードSの小型モデルで、幅が13.5cmスリムに、重量が5.4kg軽くなっています。

持ち運びしやすい重さで、コンパクトなので片付けや収納がしやすいです。

3DスーパーブレードS 3Dスーパーブレード スマート
サイズ 78.5㎝×42.0㎝×18.5cm 65㎝×35㎝×15cm
重量 16.9kg 11.5kg

②小型・軽量化したのにパワフル

低速・中速・高速の不規則な振動にプログラミングされた3つの「オートモード」と、最小約480回/分~最大約840回/分の8段階の規則的な振動レベル設定ができる「マニュアルモード」が搭載されています。

振動は縦揺れのみのシンプルな機能ですが、好みに合わせて振動モードを選ぶことができます。

3Dスーパーブレードプロ SB-06

シリーズ史上最大の振幅で、パワフルな揺れを体感。

①2種類の振動モード

エクササイズモード(強振動)、コンディショニングモード(微振動)の2種類が搭載されているので、用途や目的、鍛えたい部位に合わせて使い分けることができます。

②シリーズ最大の振動数

シリーズ最大の2,500回の高速振動で体の緊張をほぐし、ウォーミングアップやクールダウンをして体の疲労を防ぎます。

③音楽を聞きながらエクササイズできる

スピーカー機能があり、USBメモリで音楽を再生することができます。音楽のリズムに合わせて振動速度が変化するので、好きな音楽に合わせてエクササイズが楽しめます。

④3つのモーション

Highモーション(パワフルな揺れ)、Lowモーション(高速振動)、MIX振動(HighとLowをミックス)の3つのモーションと、30段階の振動をレベル調整することができます。

⑤タッチパネルで簡単に

タッチパネルなので操作しやすいです。

スポンサーリンク

「3DスーパーブレードS」と「3Dスーパーブレードスマート」の違い

3Dスーパーブレードスマートは、3DスーパーブレードSの小型モデルです。何が違うのが調べました。

3DスーパーブレードS 3Dスーパーブレード スマート
価格 49,800円 40,537円
サイズ 78.5㎝×42.0㎝×18.5cm 65㎝×35㎝×15cm
重量 16.9kg 11.5kg
振動回数 最小492回~最大996回/分 最小480回~最大840回/分
スピード調整 30段階 8段階
モード 3種類 3種類
リモコン リストバンド型 一般的なリモコン
最大適応体重 120kg 120kg
音楽機能 あり なし
エクササイズバンド あり なし
  • 大きく違うのはサイズ重量です。
  • 振動回数も少し違いますが大差ないと思います。
  • 振動スピードは、スーパーブレードSの30段階に対し、3Dスーパーブレードスマートは8段階ですが、30段階も必要かなと個人的には思いました。
  • テレビを見ながらエクササイズするので、音楽再生機能は不要だなと思いました。
  • エクササイズバンド二の腕エクササイズなど、筋肉に負荷をかけることができるので運動の幅が広がります。

スマートの方を購入しようと思っていたのですが、3Dスーパーブレードスマートには「走行距離表示/消費カロリー表示」機能がないことが引っかかりました。

 

3DスーパーブレードSは、液晶モニターに走行距離や消費カロリーが表示される機能があります。

ランニングマシンやエアロバイクなどで、液晶モニターに表示される走行距離や消費カロリーを目標に運動する方も多いと思います。私は「何カロリー消費したんだろう」「何キロ走ったんだろう」と自分の運動中のことを知りたいので、この機能がスマートにないのは個人的にはとても残念でした。

  • 気軽にエクササイズを楽しみたいのでシンプルな機能で十分
  • 収納場所・設置場所に困らないコンパクトサイズがいい
  • 「音楽再生機能」と「エクササイズバンド」はいらない
  • 余計な機能はいらないので価格が安いモデルがいい

という方は、スーパーブレード スマートがおすすめです。

「3Dスーパーブレードプロ」と「3DスーパーブレードS」の比較

3Dスーパーブレードプロは、最上位機種でシリーズ史上最大の振幅です。

3DスーパーブレードSと比較してみました。

3Dスーパーブレードプロ 3DスーパーブレードS
価格 59,800円 49,800円
サイズ 75cm× 43cm × 20.9cm 78.5cm×42.0㎝×18.5cm
重量 24kg 16.9kg
振動回数

<High>
最小約300回/分、最大約520回/分

<Low>
最小約1,250回/分、最大約2,500回/分

最小492回~最大996回/分
スピード調整 30段階 30段階
モード 7種類 3種類
リモコン 一般的なリモコン リストバンド型
最大適応体重 120kg 120kg
音楽機能 あり あり
エクササイズバンド あり あり
  • 大きく違うのは振動数です。シリーズ史上最大の振幅で、パワフルな振動で全身の肉という肉がプルプルと震えます。
  • 3DスーパーブレードSの16.9kgもそこそこ重たいのですが、プロの24kgだとけっこう重たいと思います。女性がメインで使うなら、定位置を決めてから購入を決めた方がいいかもしれません。
  • 液晶ディスプレイが大きくなり、タッチパネルになったので操作しやすいと思います。
  • 3DスーパーブレードSのリモコンは腕時計型なのですが、3Dスーパーブレードプロは一般的なリモコンの形をしています。

せっかくエクササイズをするなら、3Dスマートブレードプロのパワフルな振動で全身運動したいですね。

ドクターエア 3DスーパーブレードSを選んだ理由

私は、下記理由から3DスーパーブレードSを選びました。

  • 3Dスーパーブレードプロが欲しかったが、ちょっと値段が高かった。
  • 走行距離・カロリー表示機能が欲しかったので、3Dスーパーブレード スマートは選択肢から外した。

使ってみての感想、効果などレビューしたいと思います。

ドクターエア 3DスーパーブレードSの梱包

梱包の箱がとても大きく重かったです。ショッピングモールで試乗しましたが、駐車場まで運んで車に乗せて、さらに家の中まで運ぶのが大変そうだったのでネットで購入しました。

 

箱を開けると、上に部品が入っているのでカッターを使って開けない方いいと思います。私はカッターで開けてしまい、刃があたっていないかヒヤヒヤしました。

ドクターエア 3DスーパーブレードSの付属品

3DスーパーブレードSの付属品は以下の通りです。

  • 電源コード
  • エクササイズバンド×2個
  • リモコン
  • 電池交換用ドライバー
  • ボタン電池
  • 音楽用USB

 

ポージングやエクササイズの方法をまとめた「How To Exercise」が入っていました。

ドクターエア 3DスーパーブレードSを移動して動かすとき

裏側の四隅には吸盤がついており、フローリングの床に吸盤が吸着し、本体が固定されます。

 

本体側面にローラーがついているので、反対側を持ち上げてキャリーバッグのようにコロコロと移動することができます。キャスターではなくローラーなので、やはり女性だと重さは感じると思います。

定位置さえ決まっていれば動かすのは掃除のときぐらいなので、大丈夫かなと思いました。

ドクターエア 3DスーパーブレードSの電源スイッチ

使い方はとても簡単です。

本体の左側面の電源コネクタに電源コードを差し込み、主電源スイッチを入れて、電源ボタンを押すと振動が始まります

ドクターエア 3DスーパーブレードSのエクサイズバンドの取り付け方

3DスーパーブレードSにはエクササイズバンドが付属されています。

 

本体下部のバンド取り付けフックを引き出し、バンドのフックを取り付けます。

ドクターエア 3DスーパーブレードSのリモコン

3DスーパーブレードSのリモコンは時計型です。ブレードの上に乗ったままスピードやモードを変えることができます。

ボタン電池だけでなくドライバーも付属品として入っていたので、すぐにリモコンを使うことができました。

ドクターエア 3DスーパーブレードSの音楽再生USB

3DスーパーブレードSはスピーカー機能があり、USBメモリで音楽を再生することができます。USBメモリには、エイベックス監修・提供のディスコミュージックが3曲入っています。

 

本体の右側側面にUSBポートにUSBを接続します。音楽に合わせてブレードが振動するので、好きな音楽に合わせたエクササイズができます。

ドクターエア 3Dスーパーブレードの防音対策・防振対策

防音・防振対策として、アルインコエクササイズフロアマットを購入しました。

 

サイズがピッタリでした。

アルインコのエクササイズフロアマットについては、他の記事にまとめたのでよかったら読んでみてください。

ドクターエア 3DスーパーブレードSの操作

ボタンは一見、複雑そうに見えますが、中央の青いボタン音楽再生に関係するボタンで、運動に使うボタンはその外周の白いボタンです。色も分かれているのでボタン操作に迷うことはありませんでした。

消費カロリー・走行距離が表示されるので、ブレードの上にただ乗っているだけなのに、こんなに消費しているのだなと一目で分かり面白いです。

ドクターエア 3DスーパーブレードSのレビュー・感想

  • ブレードの上に乗っているだけで、お腹やお尻、太もも、腰から背中に響きます。姿勢を保っているだけでも体が熱くなってきます。
  • 特に下半身に振動が伝わるので、下半身ダイエットや下半身のむくみが悩みの方にはおすすめです。
  • ブレードから降りたあとは、脂肪が多い箇所はかゆみを感じます。そして次の日は若干の筋肉痛になります。
  • まっすぐ立ったり、脚を少し曲げたり、開く足の角度を変えたり、体勢を少し変えれば、エクササイズしたい箇所を集中的に狙うことができます。
  • エクササイズバンドを引っ張ると、二の腕お尻、ひねってウエストなど様々な使い方ができます。
  • 乗りながらストレッチすると体がほぐれて気持ちがいいです。
  • 体勢を変えて背中や腰回りに振動がくるようにしていたら、肩凝りや腰痛が改善されました。
  • 振動は思っていたほど激しくなく、床にすごく響くような激しい振動ではないと個人的には感じました。戸建てなのでマンションだと感じ方が違うのかもしれませんが、本体裏側の吸盤が振動を抑えてくれているのかもしれないと思いました。マットも敷いているので、振動はまったく気になりませんでした。
  • 自粛期間中でも自宅で手軽にエクササイズができるのでうれしいです。

ドクターエア 3Dスーパーブレードのまとめ

ダイエットが目的でしたが、肩凝り・腰痛の改善、体のむくみ解消など、嬉しい誤算でした。

また、購入前は「いらない機能だな」と軽視していた音楽再生機能ですが、ディスコミュージックが入っていることもあり、まるでジムでストレッチしているかのような開放感・爽快感があり、自宅にいながら気分転換にもなりました。

せっかくなので自分の好きな音楽も入れてもっと楽しみたいです。

スポンサーリンク