2020年からプログラミングが小学校で必修化されることが決まり、将来は大学入試でもプログラミングの科目が出題されることが検討されているそうです。これからはどんな職業を選んでもIT技術の知識が必要になってくるため、IT技術の早期教育は加速してくると思います。

子供にプログラミング教室に通わせようと思っても、学研やくもんのように身近な習い事ではないため、家から通える場所に教室がない方も多いのではないでしょうか。我が家は関東の田舎に住んでいるので、もちろんプログラミング教室なんてありません。

自宅で好きな時間にプログラミング学習ができたらいいですよね。そこでD-SCHOOLというオンライン型のプログラミング教室を体験してみました!

>>オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

スポンサーリンク

D-SCHOOLオンラインとは

D-SCHOOLオンラインは、プログラミングと英語を自宅で学ぶことができる、小中学生向けのオンライン学習です。

解説動画を見ながら課題をこなしていくので、プログラミングがはじめてのお子さんでも心配ありません。

スポンサーリンク

D-SCHOOLは4コース(5種類)

①マイクラッチコース

子供たちに大人気のマインクラフトを使ってプログラミング学習をしていくコースです。ブロックを作ったりゲーム感覚で学ぶことができます。

料金 3,980円/月
14日間無料
期間 12ヶ月
1ヶ月の学習時間 90分~120分
対象年齢 小学校3年生(小学校2年生以下でもOK)

②英語&プログラミングコース

プログラミングや英語を学びながら、自分だけのロールプレイングゲームを作ります。

料金 3,980円/月
14日間無料
期間 12ヶ月
1ヶ月の学習時間 90分~120分
対象年齢 小学校3年生(小学校2年生以下でもOK)

③ロボットプログラミングコース

専用のブロックを使って本格的なロボットプログラミングを学びます。ロボットにいろいろな機能を加えながらプログラミングを学習します。

料金 4,980円/月
※ロボットキット込み
期間 6ヶ月
1ヶ月の学習時間 90分
対象年齢 小学校3年生(小学校2年生以下でもOK)

④ゲーム制作コース

シューティングゲーム

シューティングゲームを作りながら、キャラクターの動かし方や十字キーの操作方法、簡単な座標、クローンの考え方など、プログラミングの基礎を学びます。

料金 1,980円
期間 1回で終了
1回の学習時間 60分~90分
対象年齢 小学校2年生(小学校1年生以下でもOK)

ダンスゲーム

ダンスステージを作りながら、キャラクターの操作、ダンスステージ(背景)の設定、色の変化や音の追加などプログラミングの基礎に加え、ダンスのメンバーとなるキャラクターを作ります。

料金 1,980円
期間 1回で終了
1回の学習時間 40分~60分
対象年齢 小学校1年生

>>オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

スポンサーリンク

D-SCHOOLの無料体験 申込方法

「マイクラッチコース」「英語&プログラミングコース」は2週間の無料体験があります。

公式サイトのトップページにある「14日間無料トライアル」をクリックします。

まずは「マイクラッチコース」を無料体験しました。「英語&プログラミングコース」も手順は一緒です。

名前や性別などを入力します。

無料体験をする場合でもクレジットカードの登録が必要になりますが、14日間の無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

>>オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

マイクラッチコースの無料体験

プログラムを動かすためにまずは環境を整えます。動画またはPDFファイルで詳しく説明してくれるので、前提知識がなくても簡単に設定できました。

環境設定が完了したら、実際にプログラミングを学びます。これも動画で詳しく説明してくれるので、それに従って操作すれば大丈夫です。

 

スクラッチというプログラミングソフトを使って、命令文を作っていきます。マウス操作でドラッグ&ドロップして命令文を作っていくので、小学生でも簡単に操作することができます。レゴブロックを組んでいく感覚なので子供はとっつきやすいと思います。

英語&プログラミングコースの無料体験

「英語&プログラミングコース」は英語学習から始まります。

STEP1 英語

レッスン1は神経衰弱ゲームです。カードをめくるとその単語の音声が流れます。上記では「mouse」と音声が出ます。

 

レッスン2は英語の音声を聞いて該当するカードを選ぶゲームです。

レッスン3は英語の音声を聞いてアルファベットを並び替えるゲームです。

レッスン4はタイピングゲームです。

最後にチャレンジゲームがあり、テストのようなものがあります。

>>オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

STEP2 プログラミング

英語&プログラミングコースも、分かりやすく説明してくれている動画があるので、それを見ながら操作していきます。

 

こちらもスクラッチを使ってプログラミングを学びます。

D-SCHOOL解約 退会方法

解約方法はとても簡単で、マイページの「ご利用中のコース」をクリックし、「コースを解約」をクリックすると解約することができます。

D-SHCOOLまとめ

D-SCHOOLのオンライン授業を受けてみて感じたことは、とにか解説動画が分かりやすい。とても丁寧に分かりやすい言葉で教えてくれるので、プログラミングがまったく分からない私でも理解することができました。

また、動画を一時停止したり戻したり、繰り返し見ることができるので、動画を見ながら一緒に操作することができました。

入会金もなく、いつでも退会することができるので、気軽に始めることができます。

2週間の無料体験があるので、ぜひお子さんと一緒に試してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事