スーパーでバターを買うとき、ブロックのバターとカットされたバターでは、ブロックのバターの方が安いですよね。

なるべく食費を抑えたいのでブロックのバターを買いたいところですが、バターを切ったあとのベタベタした包丁を洗ったり、使う分だけ少しずつ切って計ったり、均等に切れなかったりとても面倒だったので、不経済ですがカットされたバターを買っていました。でもカットされたバターは量が少ないので、すぐになくなってしまいます。

少しでも食費を節約したかったので、前から気になっていた曙産業のカットできちゃうバターケースを購入したのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

カットできちゃうバターケースのレビュー

バターを収納するケースと蓋、ステンレスワイヤーがついた中蓋の3つで構成されています。

 

ケースの蓋に「冷蔵庫から出したばかりのかたいバターには使用しないでください」というシールが貼ってあります。バターが固いと、ステンレスワイヤーで押しても固くてカットできないようです。

 

バターを冷蔵庫から出して30分ぐらい常温で置いておこうと思ったのですが、子供たちの世話に追われて1時間30分以上経過してしまい、少し溶けてしまいました(涙)

 

バターの上から蓋をして、グーッと押します。

 

5g単位にカットできました。少し溶けているのでキレイにカットできず倒れてしまいましたが、冷蔵庫で固めれば大丈夫だと思います。

 

このままの状態で冷蔵庫に保管できます。使うときは必要な分だけ出せばいいいのでとてもラクです。

スポンサーリンク

カットできちゃうバターケースまとめ

ブロックのバターは、アルミを剥がしたり巻いたりして、だんだん箱がベタベタしてきます。また、必要な分量を計るためにちまちま切る必要があるので、とても面倒です。

カットできちゃうバターケースは、先に小分けしてしまうので使う分だけすぐに出すことができ、量を計る手間もなくなり、家事の時短になります。ケースが透明なので、残量が分かりやすい点もいいと思います。

また5gなので食パンにも使いやすい量です。

割高なカットされたバターより、手頃な値段のブロックのバターを何も気にすることなく購入することができるのでおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事