【実録】生後6ヶ月からベビースイミングに通った効果・感想 メリット・デメリットまとめ

赤ちゃんが産まれて少し落ち着くと、何か習い事をさせたいなと思い始めるお母さんも多いですよね。英語、リトミック、スイミングなど、赤ちゃんでもできる習い事はいろいろあります。

我が家の息子たちは生後6ヶ月からベビースイミングを始めました。いまはジュニアのクラスに移行し、けのび息継ぎクロールなどを練習中です。

生後6ヶ月からベビースイミングに通って感じたメリット・デメリットをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

ベビースイミングはいつから

息子が通っているスイミングスクールでは、生後6ヶ月から入会することができたので、生後6ヶ月になった月に体験をしてそのまま入会しました。

リズムレッスンをしたり、足をバタバタ動かしたりするので、ある程度、体力もついてきたかなという頃がベストだと思います。

赤ちゃんにとって水中での運動は体力を消耗するようで、息子は通い始めの頃、レッスン中にガクンと寝てしまうことがありました。でもそれも最初だけで、だんだんとしっかり起きて運動できるようになりました。

息子のスイミングスクールでは、ベビースイミングの対象年齢生後6ヶ月~2歳11ヶ月までで、3歳からは子供だけでレッスンするジュニアに移行します。

息子のスイミングスクールの対象年齢
  • ベビースイミング対象年齢:生後6ヶ月~2歳11ヶ月
  • ジュニアコース対象年齢:3歳~
スポンサーリンク

ベビースイミングの持ち物

赤ちゃんの水着の選び方

着脱しやすいデザイン

赤ちゃんの水着は着脱しやすいデザインがおすすめです。

スイミングスクールに到着したらお母さんも着替えなければいけないので、グズって機嫌が悪いときでもサッと着せることができるデザインがおすすめです。

また、ベビースイミング終了後は風邪を引かせないようにすぐに脱がせる必要があります。お母さんの体が濡れたまま赤ちゃんを先に着替えさせないと行けないので、すぐに脱がせられるようなデザインの水着がいいと思います。

ワンピースタイプがおすすめ

セパレートかグレコ(ワンピース)、どちらを買えばいいのかすごく迷いました。

赤ちゃんのお腹はぽっこり出ているので、セパレートタイプだと水圧で水着がめくり上がりお腹が出てしまっている赤ちゃんをよく見かけました。

ベビースイミングは温水プールが一般的ですが、赤ちゃんが自発的に動くわけではないので、大人よりも体は温まりにくいと思います。個人的には、お腹が冷えないグレコ(ワンピース)がオススメです。

ジャストサイズ

洋服と同様、水着も長く着ることができるように少し大きめを検討しがちですが、サイズが大きいと水の重みで水着が脱げてしまったり余計な水圧がかかって赤ちゃんが動きづらくなってしまいます。

水着は伸縮素材で作られているので、ジャストサイズでも水の重みで水着が伸びます。

水着は体にぴったりフィットしたサイズがおすすめです。

スイムキャップ

スイムキャップは嫌がることが多いので、伸縮性があってキツくない方がいいと思います。慣れるまではかぶってくれないと思います。

お母さんの水着

子供の準備ばかりで忘れがちなお母さんの水着ですが、息子のスイミングスクールではフィットネスタイプの水着を着ているお母さんがほとんどでした。息子のスイミングスクールでは、お母さんもスイムキャップの着用が義務づけられていました。

わたし
私はこのような水着を着ていました

 

わたし
ラッシュガードを上に羽織っているお母さんもいました

水あそびパンツ

水あそびパンツは、使い捨てタイプとそうではないタイプと2種類あります。

使い捨てタイプ↓

 

使い捨てではないタイプ↓

もちろん使い捨てではないタイプの方が経済的ですが、スイミングスクールによって規定が違うので購入する前に確認してみてください。

息子のスイミングスクールでは、「水遊びおむつパンツでもOK」だったので、ほとんどの赤ちゃんが水遊びおむつパンツを履いていました。

水あそびパンツはシーズンオフは売り場から消えてしまうので、早めに店頭で購入しておくかネットで購入することをおすすめします。

バスタオル

フード付きのバスタオルは、動き回る赤ちゃんの髪と体を一緒に拭けるのでおすすめです。

プールサイド用ビニールバッグ

プールサイドに持ち込むビニールバッグの中にオムツ濡れてもいいおもちゃを入れ、レッスン終了後、おもちゃで遊ばせながらオムツだけ先に履き替え更衣室に戻る赤ちゃんもいました。なるほどなと思わせるお母さんの知恵でした。

スポンサーリンク

ベビースイミングのレッスン内容

1.準備運動

プールサイドにマットを敷き、赤ちゃんを寝かせて音楽にあわせながらストレッチをします。足を動かしたり腕をまわしたりして体全体をほぐしていきます。次に赤ちゃんの体を優しく触ってベビーマッサージします。最後に抱っこしてみんなで「ジャーンプ!」します。

2.出席確認

「○○くーん!」「○○ちゃーん!」とコーチから名前を呼ばれて出席確認します。自分の名前が分かるようになると「はーい!」と言って手を挙げるようになるので成長を感じます。

3.レッスン開始

プールサイドに座って足をバタバタする練習から始めます。最初は戸惑う赤ちゃんも、お母さんの真似をして足をバタバタするようになります。次にプールの水をバシャバシャ体や頭にかけて水に慣らしていきます。

お母さんと一緒にプールの中に入ってリズムレッスンが始まります。音楽に合わせて水の中で体を動かしていきます。

リズムレッスンが終わったら、体を左右にゆらゆら動したり、バタ足、ブクブクの練習、フロア台(水中の台)の上を歩いたり、フロア台で作った滑り台で遊んだり、いろいろなレッスンを通して水中で全身運動します。

4.遊びの時間

プールの中で遊べるおもちゃでみんなで自由に遊びます。ボールで遊んだり、ぞうさんジョウロで水をかけたり、みんなで楽しく遊んでレッスン終了です。

料金

5,400円

息子が通っているスイミングスクールのベビーコースの料金です。

週に4回あり何曜日に行くのも自由でした。週に2回は行きたいところでしたが、何かと忙しく週に1回行くのが限界でした。

ベビースイミングのメリット・デメリット

メリット

体力がつく

スイミングは全身運動なので運動機能の発達につながります。フロア台(水の中の台)の上でお母さんと手をつないで歩くレッスンがあったのですが、浮力を使って歩くので、まだ地上では歩くことができない時期でも水中で手を引けば歩いていました。

集団生活の練習

同世代のお友達と一緒にレッスンすることで、赤ちゃん同士で遊んだり、順番を守って並んだり、集団生活に触れることができます。

コーチの出席確認に返事をしたり、コーチの話を聞いたり、コーチの言うこと(走らない、順番を守る、おもちゃを片付けるなど)を守ることも、社会性を身につける準備としてよかったです。

親子のコミュニケーション

慌ただしく赤ちゃんのお世話をする中で、全身を触ってマッサージしたり、ずっと抱っこしている時間もあまりないと思います。ベビースイミングはお母さんがずっと赤ちゃんを抱っこしているので、必然的にスキンシップの時間が増え、水の中ということでお互いリラックスした状態で赤ちゃんとの楽しい時間を過ごすことができます。

水を怖がらなくなる

最初は水を怖がって泣いたりグズる赤ちゃんもいますが、次第に慣れてきて、気持ちよさそうに泳いだり、自分からプールに飛び込みジャンプするようになってきます。幼稚園のプールも怖がったりしないので、早いうちから水に慣れておくことはいいことだと思います。

よく寝てくれる

水中での運動は全身運動なので、赤ちゃんにとって体力を使うのでしょう。ベビースイミングから帰ってくると、よく寝てくれるのでお母さんの時間が少しできます。夜もよく寝てくれるようになるので、生活のリズムが整います。

お母さんの運動不足の解消

息子のベビースイミングでは、赤ちゃんを使ったお母さんのストレッチタイムがあります。水の中で赤ちゃんを抱っこしたまま大股開きで歩いたり、小走りしたり、後ろ向きで歩いたり、赤ちゃんを持ち上げて腕を伸ばしたりするのですが、水の中で行うので体に負荷をかけずに全身運動ができました。

お母さんの気分転換

わたし
支援センターに通ってまでママ友作るのめんどくさい

というタイプの人間なので、レッスン中に話す世間話ぐらいの時間がちょうどよかったです。

自宅でひとりぼっちで子育てするのは疲れるけど、支援センターでずっと話すのは苦痛」というお母さんはベビースイミングに通うのがぴったりです。

デメリット

デメリットは特にないのですが、あえていうならという感じです。

着替えがめんどう

自分だけでなく赤ちゃんも着替えさせないといけないので手間がかかります。

ハイハイができるようになったり歩けるようになると、お母さんがまだ着替えの途中なのに更衣室から出て行ってしまうことがあります(スタッフの方や周りのお母さんが連れ戻してくれました)。冬場は、プール終了後、お母さんの体も濡れているのに、赤ちゃんに風邪を引かせないよう自分のことは後回しになるので、お母さんの体が冷え切ります。

感染系の病気をもらってくる

小学校や幼稚園に通っている兄弟がいる赤ちゃんもいるので、その子が何かに感染していれば、もらってしまう可能性があります。でも、息子たちは何かをもらってくることは一度もありませんでした。

ベビースイミングのまとめ

お母さんと赤ちゃんが一緒に楽しめる習い事」という点がベビースイミングのいいところだと思います。

体力作りや社会性、親子のコミュニケーション、気分転換などメリットだらけなので、迷っている方は体験して確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク