移転リニューアルした横浜アンパンマンこどもミュージアムに行ってきた 行き方、駐車場、混雑状況、チケットなどレポ③

7月7日(日)に横浜市内で移転・リニューアルオープンした、横浜アンパンマンこどもミュージアムに行ってきました。

以前のアンパンマンミュージアムはステージが屋外にあったり、グッズショップなども外に面していたので、猛暑の日や雨が降ってしまった日は大変でしたが、全天候型の屋内施設にリニューアルされたので天気に左右されなくなりました。

広くて見やすい人工芝エリアでのアンパンマンのステージや、子供が安全に遊ぶことができる遊具、無料エリアでの大迫力のショーなど、とても楽しめる施設になっていました。

私は平日のお昼頃に行ったのですが、かなり混雑していました。

駅からの歩き方や駐車場などレポしたいと思います。

前回からの続きです。

スポンサーリンク

横浜アンパンマンこどもミュージアム1F(無料エリア)

3Fが有料エリアの「ミュージアム」、2Fが「チケット売り場」、そして1Fが無料エリアの「ショップ&フード・レストラン」です。

 

1Fはショップとレストランが並んでいて、小さなショッピングモールのようになっています。

スポンサーリンク

1F(無料エリア)でもショーを見ることができる

1Fの中央にある「ひろば」にステージが用意されています。

 

時間になるとショーが始まります。アンパンマン号とだだんだんのショーです。

天井近くの壁が二つに割れ、モクモクとした煙とともにアンパンマン号が登場!

 

だだんだんも登場!

 

ドーン!とだだんだんが立ちます。演出がすごくて大迫力でした!

この時点で娘や周囲の小さなお子さんは完全に怖がっていました。それぐらい迫力があるステージです。

上にヘルメットをかぶったお兄さんがいるのが分かりますか?人形を操っているようで、すごいなと思いました。

 

アンパンマン号とだだんだんが戦い、アンパンマン号がドーンッと体当たりします。

 

だだんだん、退散!

 

アンパンマン号も帰って行きました。

頭上で行われているので、どの場所にいても見やすかったです。無料のショーなので入館料を払わなくても見ることができます。時間があえばぜひ見てみてください!

アンパンマン やわらかキッズソファーベッド
スポンサーリンク

横浜アンパンマンこどもミュージアムのショップ&フード・レストラン

ショップ

アンパンマンテラス 総合ショップ
バタコさんの手作りハウス お名前刺繍サービス
ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ グッズ
もりのほんやさん 絵本
アンパンマンキッズコレクション 洋服

フード・レストラン

ジャムおじさんのパン工場

アンパンマン かまどでやこう♪ジャムおじさんのやきたてパン工場

 

アンパンマンレストラン

 

フードコート

  • ごはんやさん
  • ハンバーガーやさん
  • うどんやさん

 

その他、ポップコーンやさん、ソフトクリームやさん

横浜アンパンマンこどもミュージアムのロッカー

ロッカーは2階のベビーカー置き場と、1階のトイレの近くにあります。

2階のコインロッカー

 

1階のコインロッカー

横浜アンパンマンこどもミュージアムまとめ

私が行った日は途中から雨が降ってきてしまったのですが、全天候型屋内施設なので天気を気にすることなく遊ぶことができました。

3Fの有料エリアはベビーカーで入場することができないので、まだベビーカーが必要な月齢のお子さんをどうするのか、その点だけは注意した方がいいと思います。眠くなってグズったり、抱っこをせがまれたりすると大変ですよね。

入館料が1歳以上から2,200円なので高いなという印象はあったのですが、屋内施設で快適だったり、広いステージがあったり、遊べるエリアがあったり、キャラクターと一緒に写真が撮ることができたりと、子供がとても楽しめる施設になったので入館料の価値はあると思います!

また、1Fで見ることができる無料のショーはとても迫力があり、入館料を払わなくても十分に施設を楽しむことができます。

これから横浜アンパンマンこどもミュージアムに行く方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク